MFTの願い
基本 > バランス > バランス1

バランス1

野球の技術論はたくさんありますが、正しい技術の習得のためには、技術練習の前に、土台となる基礎体力および、様々な運動能力を高めることが必要です。

基礎的な能力が整わないままに技術練習を反復しても、悪い癖がついて、いくら数をこなしても上達しないということが起こります。

このページでは、運動能力の中でも、バランスについて詳しく述べていきたいと思います。

正しい形で静止する

アジリティディスクのバランス練習アジリティディスクのバランス練習
真っすぐ普通に立つということは、誰もができて、簡単なようですが、実は完全にぴったり静止して立つことは誰にもできないのです。
真っすぐ立つことの難しさ参照)

写真のように、不安定な場所に立つと、ごまかしが利かないため、正しい姿勢で立つことが要求され、続けているうちに自然に、正しい姿勢が身につきます。

最初はなかなかうまくいかないかもしれませんが、続けていれば、誰もが自然に自分に適した位置がわかるようになります。

ここに注目
正しい重心の位置を意識するために、足の親指の付け根の上に乗るという言葉を伝えてください。(重心が前すぎても、後ろすぎても、足の外側でも不安定であることを確認してください)
また、スクワットの姿勢のときは、つま先よりもひざが前に行かないよう、注意してあげてください。どうしてもその形が作れない子は、股関節が硬いことが考えられますので、股関節の柔軟性を先につけるよう指導してください。その指導を怠りますと、腰痛の原因になることがあります。

片足で立つ練習

アジリティディスクのバランス練習アジリティディスクのバランス練習アジリティディスクのバランス練習

片足で立つ練習です。

安定するまでは補助者に、支えてもらい、そのあと自分でバランスを取って立ってみてください。

投手の練習としても、非常に有効です。

◆ 関連ページ
軸足に乗る重要性 - 投げる際に軸足に乗る重要性を説明
軸足に乗る(打撃編) - 打撃における軸足に乗る重要性を説明

バッティングの構えの練習

アジリティディスクの上で、バットを構えて立ってみます。ぐらつかなくなり、安定して立てるようになったら、そのイメージを忘れないうちに、地面の上で同じように構えてみてください。

このようにすることで、正しい重心の位置を体の感覚で覚えることができ、体重移動も安定して行えるようになります。

トップの形参照)
アジリティディスク
バランス感覚を高める商品 (2個と空気入れで1セット)
スローイングセット
人気商品のお得なセット
5ポイントヒッティングティー
同時に2つのボールが打てるプロおすすめの練習道具。
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.