MFTの願い
成長 > 成長に合わせて

子供の成長に合わせたトレーニング

スキャモンの発育発達曲線

図は、子供の体の成長を表したものです。

体全体が均一に成長するのではなく、年代によって成長する部分に差があることを意味しています。

ここで、着目してほしいのは、子供は大人をそのまま小さくしたわけではなく、年代によって、成長している部分と未発達な部分があるということです。

ですから、大人のトレーニングをそのまま子供に与えるのではなく、年代に応じて考えてあげる必要があります。

ここでは、わかりやすいように大きく3つの年代に分けて子供の成長について説明していきます。

※ リンパ系型は、運動能力にはあまり関係ないのでここでは触れません。

3歳から小学生にかけて (神経系型の発達)

小学生の特徴 小学生は、いろんな動きを通して脳と体を結びつける神経細胞が発達する。一方、心肺系の体ができていないため、長時間の運動は大人が考える以上にきつい。

ウォーミングアップの例
ウォーミングアップの例
出生してから小学生にかけて、神経系型が大きく成長します。

脳と体を結びつける神経細胞が発達することで、子供は遊びや運動を通して、バランス感覚・リズム感・敏捷性などが発達していきます。

特に小学生高学年はゴールデンエイジと呼ばれ、様々な運動をどんどん吸収して自分のものにできてしまう時期です。

しかし、小学生低学年くらいまでは集中力が長続きせず、常に新しいものに興味が移っていくといった特徴を 持っています。

それは、同じ動きばかりを繰り返すのではなく、多種多様な動きを通して、運動の神経回路を張り巡らせる必要があるからです。

この時期の様々な運動によって身についた神経回路は、多様であるほど年代が進んだ時に専門性の高い技術習得も早くなる傾向があると言われています。
(つまり、同じ運動ばかり繰り返すのではなく、いろんな動きをした方が子供の成長のために良いということです。子供が楽しく運動ができるように、鬼ごっこからボール遊び、なわとびなど、短時間でどんどん運動の種類を変化させてあげるといいでしょう。)

ここで注意してほしいのは、大人と違い、子供の体はまだ出来上がっていないということです。(特に呼吸・循環器系)

そのため、あまり長時間の運動は、大人が考える以上に子供には厳しいものとなり、疲れから姿勢が崩れ、せっかく一番バランス感覚が伸びる時期なのに、逆に姿勢の崩れが悪いくせとなって身についてしまう危険性があります。


この項目に対して、こんな疑問が寄せられています。

●うちの子は幼少期に体を動かして遊ぶことを、あまりしませんでした。小学生高学年ですが、もう手遅れでしょうか?
●12歳前後で神経系が形成のピーク‥‥という事は、それ以降の年代に指導しても無意味に等しいという事でしょうか?

大人でも、全く新しい運動を始めると、最初は出来なかった動きが繰り返しの練習によって出来るようになりますよね。
その運動をするための回路が新たに構築されるからです。

この曲線の意味は、幼少期の成長の段階でいろんな遊びをしておくと、神経回路が張り巡らされて、新たな回路がつながりやすい体に成長する、つまり新たな運動の飲み込みが早くなると考えればいいかと思います。

飲み込みが悪いとか、不器用な選手と言われていても、努力によって一流になる人もいます。

高校生になれば、体が出来上がり、多少強度の強い動きでも反復練習に耐えられるようになります。

あくまでもその年代の特徴にあわせることが大切で、決して手遅れとか無駄だと考える必要はないと考えています。

中学生 (一般型の発達)

中学生の時期は、一般型(呼吸・循環器系・骨格)が大きく発達します。そのため、中学生くらいから、徐々に長い時間の練習に耐えられるようになっていきます。

しかし、身長が大きく伸びる時期のため、大きな負荷をかけるトレーニングは、骨、関節の過負荷につながり障害の原因になると言われています。

高校生 (生殖器型の発達)

高校生になると、体も大人とほとんど変わらなくなり、長時間のトレーニングにも耐えられるようになります。

この頃は生殖器型の発達が著しく、男性ホルモンによって骨格筋が大きく成長するため、力強さ(パワー・瞬発力)をつける、筋力トレーニングや瞬発力系のトレーニングを積極的に行うのがいいとされています。

成果を早く求めすぎると

小学生の段階でも、長時間の反復練習によって、てっとり早く試合に勝てるようになるだろうと思います。

例えば、周りが80キロのボールしか投げられない中で、100キロ投げることができるとしたら勝ててしまうからです。

(ここでは、わかりやすいように選手の投げるボールのスピードを例にあげています。)

しかし、小学生の時に100キロ投げられても、長時間の練習により、体のバランスが崩れ、筋肉が硬くなっているとしたら、そこから球速が伸び悩み、練習量が増えることにより、逆に故障しやすい体になってしまう可能性があります。

周りが120キロ、130キロに成長していく中で、「小学生の時は上手だったのにね」と言われる子は、小学生の時に頑張りすぎた子かもしれません。

一見遠回りのように見えても、子供の成長に合わせてあげることも大切です。
アジリティディスク
バランス感覚を高める商品 (2個と空気入れで1セット)
スローイングセット
人気商品のお得なセット
洗剤
数々の実験で実証された洗浄力抜群なユニフォーム専用洗剤!
L.F.ソイビーン
大豆100%の原料を、脱脂加工で脂質1%に!選手の体作り・ご両親の健康維持にご活用ください。
人間の本来持つ足の機能を正しく使えるようになり、体全体のバランス感覚を修正できる商品!エアークッション入りで衝撃吸収性能が高いのが特徴です。
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.