MFTの願い
基本 > 下半身の使い方 > ランジの形作り

ランジの形を作る練習方法

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2002年3月号)
歩きながらランジを行う
歩きながらランジを行い、形を覚える

前回説明をしたランジの形がある程度できるようになったら、写真のように歩きながらランジを行ってください。

動きの中から、自分にとって一番力の入りやすいポジションを探すよう選手に指示してあげ、最終的に、選手自身が自分に適した形を自分の感覚の中でつかんでもらうことを目的としています。

左右の足をジャンプして切り替える連続動作

選手がそれぞれ自分にとって力の入りやすい形を感じることができるようになってきたら、写真のように、その場で連続して左右の足をジャンプして切り替える練習を試してください。

正しいランジの形をマスターするのに役立つだけでなく、筋力アップや、敏捷性を高める効果があります。

また、ステップ幅を広げ深く腰を落とすようにすれば、股関節の柔軟性を高める効果もあります。

ここに注目
いい選手は、様々な動きの中でも、着地した瞬間に正しい下半身の形を作れます。
このような練習を繰り返すことで、実際のプレーの時に、バランスを保ちながら瞬時に正しい形を作れるため、流れるようなプレーができるようになっていくことでしょう。
アジリティディスク
バランス感覚を高める商品 (2個と空気入れで1セット)
洗剤
数々の実験で実証された洗浄力抜群なユニフォーム専用洗剤!
スモールボール
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.