MFTの願い
基本 > 姿勢を真っすぐに > 片足出して正対する

片足を出して正対する

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2007年2月号)
片足を前に出しても軸を保つ
片足を前に出しても軸を保つ

前回は、両足をそろえた状態での姿勢のチェックをしました。

しかし、野球の実際のプレーは常に動きながら行いますので、左右の足が揃っていることはほとんどありません。

そこで、写真のように左右どちらの足を前に出しても上体の軸は真っすぐ目標に正対し、体の軸が両足の中心を保つように練習しましょう。

こういった形を保てるようになると、下の2枚の写真のように、ボールに上半身を正対した形で捕球することができるようになります。
ボールに正対する
ボールに正対する
目標に正対できていない例
× 目標に正対できていない例

写真のように、足と一緒に体の向きが傾いてしまいますと、捕球時にボールに対し斜めに捕球する形になります。

打球が自分の傾く方向と逆にそれた時に対応できなかったり、その後の動作でバランスを崩しやすくなったりしますので、注意しましょう。

正確に正面で捕球できるようになると、より複雑な動きでも安定したプレーができるようになります。
体の中心でボールを扱う
上の写真をご覧下さい。
一番左のコマでは、ボールが飛んでくる方向に正対していますが、その後の3コマで、軸足を投球方向に直角に向け、捕球しながら上半身を回転しています。
ボールはへその向く方向に
ボールはへその向く方向に
しかし、回転しながらも、常にへその向いている方向(体の中心)にボールはキープされています。
そして一番右のコマでは、体の中心を起点に「割れ」ができています。
※ 割れに関しては、こちらのページをご参照ください。

このような動きができることで、肩が入りすぎたり、開いたまま投げたりすることが少なくなり、スローイングが安定します。 体の方向や姿勢は、多少崩れていてもプレー自体はできてしまうため、軽視されがちです。

しかし、より高いレベルで0.1秒の短縮や、100%のスローイングを目指すようになったときには、非常に重要になりますので、高い志を持つ選手には、是非取り組んでもらいたいと思います。
アジリティディスク
バランス感覚を高める商品 (2個と空気入れで1セット)
スローイングセット
人気商品のお得なセット
リリーストレーナー
リリースポイントが一定し、正しい回転のボールが投げられるようになる商品!
5ポイントヒッティングティー
同時に2つのボールが打てるプロおすすめの練習道具。
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.