MFTの願い
打つ > スイング > 軸・フィニッシュチェック

バッティングの軸

上半身と下半身の軸の角度を一定に保つ上半身と下半身の軸の角度を一定に保つ上半身と下半身の軸の角度を一定に保つ
上半身と下半身の軸の角度は、スイングの間一定に保ちます。

バットの軌道は、上体と90度の角度の面を通ります。
腰とバットが平行になっている力強いスイング

腰に板をつけることで、板の角度が上半身の角度と同じになります。

板とバットの角度が平行になるということは、上半身とバットの軌道が90度に保たれているということになります。

ボールの角度
ボールの角度は4〜5°
実際には、プロの投手の球でも、4〜5°の角度があります。

ですから、理想はその角度にあわせてわずかにアッパー気味に振るのが一番いいのです。

しかし、その微妙な角度は、初心者や、子供たちには難しく、アッパースイングになりがちなので、まずは水平にしっかりバットが振れるように練習してください。

フィニッシュのチェック方法

スイングを終えたところで真っすぐにしゃがめるかチェック

体が突っ込んだり、バランスを確認するための方法として、しっかりスイングをして、その形を保ったまま一度後ろ膝をそのまま地面につけてみて下さい。

位置が悪いと体の位置が変化しますが正しい位置でスイングできればまったく動かないはずです。

回数を重ねることによって、正しい位置はどこか理解できます。

アッパースイング
軸を保ってスイングをすると、下のイラストのようになります。
この形はアッパースイングと言われますが、力を伝えやすい形です。
スイングの角度を前から見たとき
上体が前傾したスイング
スイングの軌道が90度よりも下がった場合は、力がロスしてしまいます。
上体が前傾したスイング
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.