MFTの願い
打つ > スイング > ひじを力強く使う1

ひじを力強く使う1 (バッティング編)

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2002年11月号)
今回紹介する練習方法では、強い力を発揮するためには、いかにひじの使い方が重要であるかを体感してもらいます。

実際に繰り返すことで、力強いスイングを身につけてください。

右腕で引っ張る

ひじを力強く使うための練習

選手は補助者の腕をバットスイングの要領で、右腕一本で引っ張ります(右打者の場合)。

力強く引っ張るコツは、写真2コマ目のように、ひじを体に引き付けて、腰の回転といっしょに引っ張ることです。腕の力と下半身の力を連動させるコツもつかめます。

ひじが体の近くを通るということが、バットの遠回りを防ぐためだけではなく、下半身の力と連動させて強いスイングをするためにも重要だということが、この練習でわかると思います。


【引っ張る方向をチェック】

補助者は、引っ張られる方向が常に投手方向に一定かをチェックしてください。
ひじを引き付ける事に気を取られ、引き付ける時とそのあとの回転時で、引っ張る方向がずれてしまう選手が多く見受けられます。

せっかくの力が分散してしまうことになりますので、常に同じ方向に引っ張るよう練習してください。
ひじの引き付け過ぎに注意
● ひじの引き付け過ぎに注意

写真は、ひじの位置が体に近すぎるために、体が邪魔になって前方にひじを送り出せない形になっています。

写真に入れたラインくらいの位置で、ひじが自由に動ける程度に体に引き付けましょう。

モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
ピッチングマシン
消耗品も含めて2年間保証!購入検討の方にデモ機無料貸し出し実施中
ライトフライトマシン
変化球自在,、球質もすばらしい超格安マシン。 専用バッテリー(別売)でどこでも練習ができます。無料デモ機貸し出し中
5ポイントヒッティングティー
同時に2つのボールが打てるプロおすすめの練習道具。
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.