MFTの願い
打つ > スイング > ひじと手首2

ひじと手首1 (バッティング編)

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2003年8月号)
脇が開くと遠回りしやすくなる
脇が開くと遠回りしやすくなる

● 振り出す時のひじの位置


写真のように、脇が開きすぎると、バットが遠回りして出やすくなります。
脇を締めすぎるときゅうくつになる
脇を締めすぎるときゅうくつになる
逆に、写真のように脇を締めすぎると、ひじが胴体に当たりスムーズにバットを出すことができなくなります。

自然に振り出すことのできる範囲で、後ろひじが体の近くを通るようにしましょう。

実際に打ってみる

実際に空手チョップで打ってみる
実際に空手チョップで打ってみる
痛くないように、柔らかいボールを使って、上の写真のように、ボールを片手でチョップするような形でティーバッティングをします。

ミートポイントの時に、手のひらが真上、もしくは真下を向くようにします。

バットを最短距離で出す感覚や、ひじ・手首の使い方のイメージを作ることができます。

この練習をするときは、先ほど説明した、「振り出す時のひじの位置」に気をつけてください。
釘を打つイメージ


また、釘を打つイメージで、ミートポイントで止めて打つ練習も効果的です。
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
5ポイントヒッティングティー
同時に2つのボールが打てるプロおすすめの練習道具。
インスタントスクリーンネット
手軽に携帯ができ、1〜2分で組み立てられる大変便利なネット。超軽量約6kg!
トスマシン
一人でバッティング練習をするのに最適!
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.