MFTの願い
打つ > スイング > ミートポイントの形1

ミートポイントの形1

● ボールのとらえ方
高めのボールに比べて、低めのほうが眼とボールの距離は遠くなりますが、インパクトの瞬間の、眼と、両肘、グリップ、ボールの位置関係をできるだけ一定に近づけるように心がけることで、スイングが安定します。

低めに対しては、前ひざを緩めることで、対応がしやすくなります。

(対応の仕方は、様々な方法があります。アッパースイング(軸ページ右側)も参考にして自分の打ちやすい形を探してください。)
高めの球を打つとき
高めの球
低めの球を打つとき
低めの球
ここに注目
手首を早く返した力のないスイング
手首が返る瞬間に、スイングの軌道が変わり、減速が始まります。

早く手首を返してしまうと力のないスィングになってしまいます。

ボールをとらえるまで上の写真のように手首を返さずに、しっかりとしたスイングをすることを心がけましょう。
スイングの音
スイングをするときの音を注意して聞いてみてください。
音が鳴る位置は、手首を返し、スイングが減速し始める位置になります。
ボールが当たるポイントより早く音がなる人は、スイングが減速してから打っていることになるので、手首の返しをできるだけ遅くするように心がけてください。

打つ瞬間の腰

腰とバットが平行になっている力強いスイング
下半身の強い力を有効にボールに伝えるために、ボールをとらえるとき、腰はボールに正対していなければなりません。

写真のように、腰に板をつけることによって、正しく回転できているかを簡単にチェックできます。

正しい形であれば、バットと腰の板が平行になります。
ここに注目
「体の開きが早い」という指導のために、ボールを打つ瞬間にもまだ、腰がホームプレート側を向いている選手がいます。
開いてはいけないのは、ステップしてトップを作るまでのことで、そこまでためた力を爆発的に発揮するために、スイングを開始したら積極的に体を回転させなければ強いスイングはできません。
力強いスイングの秘訣参照)
試してみましょう
正しい形なら、押されてもびくともしません。
パートナーに実際に押してもらい、どの形が一番強く踏ん張れるか試してみてください。

腰がボールに正対しなければならないことと、正しい下半身の使い方がわかります。
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
ピッチングマシン
消耗品も含めて2年間保証!購入検討の方にデモ機無料貸し出し実施中
ライトフライトマシン
変化球自在,、球質もすばらしい超格安マシン。 専用バッテリー(別売)でどこでも練習ができます。無料デモ機貸し出し中
5ポイントヒッティングティー
同時に2つのボールが打てるプロおすすめの練習道具。
Copyright (C) 2001-2016 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.