MFTの願い
打つ > スイング > ミートポイントの形2

ミートポイントの形2

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2003年5月号)
バッティングの流れの中で、バットにボールが当たる瞬間、どうやって打っているかというのは、普通はわからないものです。

でも、強い打球を打つためには、その瞬間の形をよりよい形にできるよう追い求める事は必要なことです。

今回は、自分のミートポイントの形をチェックして、正しい形に修正するための練習方法を紹介します。
打った瞬間にバットを止める
バレーボールやバスケットボールのような大きなボールを打ち、打った瞬間にバットを止めます。

大きなボールを使うことで打つ瞬間にボールからの反発があり、比較的容易にバットを止めることができます。

ボールを打つ自分のポイントや、スイングの形をチェックすることができます。

また、スイングの軌道が遠回りしていないかのチェックもできます。

ミートポイントの形の悪い例

ひじが完全に伸びきってしまっている
ひじが完全に
伸びきってしまっている
脇が開いている
脇が開いている
打つポイントが近すぎる
打つポイントが近すぎる

両手の間隔をあけてスイングをする

バットが遠回りする選手や、ヘッドの下がる選手、ボールに押されてしまう選手は、右手と左手の間を一握りから二握りほどあけて、打ってみてください。

バットを最短距離で出す感覚をつかむことができ、また、ヘッドを安定させることができます。
両手の感覚をあけて打ってみる

低めの打ち方の練習

同様の練習で、低めの打ち方についてもバットの出し方や、打った瞬間の形をチェックすることができます。
低めの打ち方
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
ピッチングマシン
消耗品も含めて2年間保証!購入検討の方にデモ機無料貸し出し実施中
ライトフライトマシン
変化球自在,、球質もすばらしい超格安マシン。 専用バッテリー(別売)でどこでも練習ができます。無料デモ機貸し出し中
5ポイントヒッティングティー
同時に2つのボールが打てるプロおすすめの練習道具。
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.