MFTの願い
打つ > 様々な練習 > ティー台を使った練習2

ティー台を使ったバッティング練習2

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2002年12月号)

手首の使い方

手首の角度は変わってない
○手首の角度は変わってない
手首が返っている
×手首が返っている
手首の返しが早すぎるとスイングの軌道(面)が変わってしまうので、 ボールをバットに乗せる時間が短くなり、ボールに加わる力の効率が落ちてしまいます。

手前のボールも、奥のボールも、どちらも手首の角度は変わらずに打つ練習をしましょう。

手首の返しを少しだけ遅らせるのがコツです。

同じ高さの3つのボールを打つ

同じ高さの3つのボールを打つ
同じ高さの3つのボールを打つ
手首の返しを少しだけ遅らせる練習方法です。写真を参考にして、3つのボールを設置します。2つのボールを打つ時と同様に、3つのボールを、チューブを揺らすことなくジャストミートできるよう練習してください。
(この練習では、5ポイントヒッティングティーを2つ並べて使っています。)

今回紹介した練習を行うことで、スイングの軌道を高い精度でチェックすることが出来ます。

この練習をマスターすれば、ボールを点ではなく面でとらえることができるようになり、ミートする確率が高くなります。

一人でも練習できますので気軽に試してください。
5ポイントヒッティングティー
同時に2つのボールが打てるプロおすすめの練習道具。
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
タフスライダー
狭い室内でも気軽にできる内転筋を強化するマシン。打撃の開きを抑える練習にも活用できます。
ピッチングマシン
消耗品も含めて2年間保証!購入検討の方にデモ機無料貸し出し実施中
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.