MFTの願い
打つ > 構え→トップ > トップの形

トップの形 (バッティング編)

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2002年7月号)

プロ野球選手でも、個性的な構え方をする選手は非常に多くいます。

しかし、どの選手もステップしたあとの「トップの形」は非常にしっかりしたものになっています。 その「トップの形」についてこれから説明していきます。

強く、正確なスイングを生むために

理想のトップの形
軸足 6 : 4 前足

ステップした時に、力がたまっていて、これからいかにも力強いスイングができるという形になっている必要があります。

このとき、両足の重心配分は、おおよそ6:4を目安にします。

ほんのわずかに真ん中より後ろよりに体重を残すことで、下半身の力を有効に使うことができます。

理想の形を作るために

力強いパンチを打とうとするときの形

「このやろう」という気持ちを込めて、目の前のものを思いっきり殴るための体勢を作ってみてください。

一番力強いパンチを打てる形が、その人にとって力強いスイングをするためのステップ時の理想の形になります。

上半身と下半身にねじれを作り、大きな力を発揮するための準備をします。


力強いパンチを打とうとするときの形
× ひねりすぎた例

ひねりすぎに注意

「大きな力」を発揮するためにねじりを作りますが、ひねりすぎてしまうと、バットの出が遅くなります。

速い球に差し込まれたり、変化球に対応できなくなるので注意しましょう。

大切なのは、バットの出が遅れずに大きな力を発揮することです。

この二つが両立する自分に適したトップの形を探しましょう。


実際に投げる場合、着地した時に踏み出した足が投げる方向に真っすぐ向きます
理想のトップの形

「このやろう」の形は、スローイングの際にも共通します。

(注)実際に投げる場合、着地した時に踏み出した足が投げる方向に真っすぐ向きます。着地する直前のイメージの形と考えてください。


ここに注目!
上の3枚の写真を下に並べてみました。

バットやボールを持っているか、何も持っていないかの違いだけで、 ほぼ同じ形になっていることがおわかりでしょう。

爆発的な力を発揮するために、この瞬間の形が非常に重要であることを理解してください。

理想のトップの形
力強いパンチを打とうとするときの形
理想のトップの形
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
ピッチングマシン
消耗品も含めて2年間保証!購入検討の方にデモ機無料貸し出し実施中
インスタントスクリーンネット
手軽に携帯ができ、1〜2分で組み立てられる大変便利なネット。超軽量約6kg!
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.