MFTの願い
打つ > 様々な練習 > 様々なティー打撃2

様々なティーバッティング2

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2002年10月号)

5.逆手

逆手
【目的】

・ 両ひじの正しい使い方を身につける
・ 手首の返し方を身につける

両肘をうまく使わないと、バットの軌道にブレが生じるため、肘のしまり具合や、使い方の確認作業に有効な練習です。

6.椅子に座る

椅子に座る
椅子に座る
【目的】
・ 軸回転の意識をもたせる
・ 上半身の使い方のマスターに意識を集中させる

下半身を固定することで、精神的に安心して上半身の使い方(特に肘の使い方)に意識を集中させて練習をすることができます。
また、回転する椅子であれば、椅子の位置を変えることなく、椅子の回転する位置で自然に回転できるように練習して下さい。
回転する軸の意識付けに有効です。
また、椅子に座って普通に打つだけではなく、上の写真のように片腕で打つ練習もあわせて行うと、より効果的です。

7.ワンバウンドの球を打つ

ワンバウンドの球を打つ
【目的】
・ 選球眼をつける
・ 自分の打つポイントを知る

タイミングが合わない時や、ボールと判断した時、自分の打つポイントにボールが来なかった時には、トップの形で見送るようにして下さい。
5ポイントヒッティングティー
同時に2つのボールが打てるプロおすすめの練習道具。
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
タフスライダー
狭い室内でも気軽にできる内転筋を強化するマシン。打撃の開きを抑える練習にも活用できます。
トスマシン
一人でバッティング練習をするのに最適!
ピッチングマシン
消耗品も含めて2年間保証!購入検討の方にデモ機無料貸し出し実施中
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.