MFTの願い
打つ > 構え→トップ > タイミング2

バットスイングを始めるタイミング

割れがあるかないかの違い

プロ選手の映像と少年の映像を、足を上げたところから着地まで比較してみます。

プロ選手は、前足が着地した時点でいかにも力がたまっているような形になっています。

スイングはまだ始まっていません。

一方、左下の少年は、ステップしながらバットスイングが始まっています。

着地した時の形を比べると、少年は全く力がたまっていないことがわかると思います。

スイングのスピードでタイミングを調節している スイングのスピードでタイミングを調節してしまっている

投げる前に振り始めているため、投手の球が速いのか遅いのか、どのコースに来るのか、わからずになんとなくスイングを始めています。

そのため、ゆっくり振り始めながらスイングの速さでタイミングを合わせています。当然、強いスイングをすることは非常に難しくなります。

改善すべき点

自分のタイミングで力強いスイングをするためには、できるだけボールを見極めてからスイングを開始し、かつスイング始動時に力がたまっている形ができていることが大切になります。

次のページでは、力をためる「割れ」の動作と、正確で力強いスイングに結びつけるための「トップの形」について説明します。

モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
ピッチングマシン
消耗品も含めて2年間保証!購入検討の方にデモ機無料貸し出し実施中
スローイングセット
人気商品のお得なセット
インスタントスクリーンネット
手軽に携帯ができ、1〜2分で組み立てられる大変便利なネット。超軽量約6kg!
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.