指導のほとんどが「おしつけ」の現状

IMG_0542

大人の指示ばかりがグランドに響き渡る環境が
日本の野球スタイルです。

その多くのチームが、指示が先行し過ぎてしまい
子どもが「主役」であるべき環境が
そこには存在しません。

しかも「指導」ではなく
「指摘」ばかり・・・

子どもの感覚や感性も育たず
考える力や行動力、そしてコミュニケーション能力を
磨くことも出来なくなってしまいます。

 

子どもに対して
大人が感情のコントロールを失う時、

「言うことを聞かない」

この一点に集約されます。

誰しもが言うことを無視されたり
行動に移さないと腹が立つのは事実です。

本当にやる気がなく
聞く耳を持たない子どもも存在します。

しかし、その一方で
しっかりとした、自分の考えを持っている
タイプの子どもがいることも
認める必要があります。

指導者にはふたつのタイプが存在します。

「出る杭を打つ」

「出る杭を伸ばす」

前者は、選手の失敗に対し
失敗という事実だけで反応してしまい

後者は、選手の失敗に対し
「どのように考えたのか」を聞き出し
その「根拠」が間違っていなければ
認めてあげることができ

その「根拠」以外にも
「選択肢」を広げることのできるような
言葉を用いて指導します。

昭和は「つべこべ言わずに」と言う時代でしたが
今は違います。
平成も間もなく終わりを告げようとしています。

しつけ(躾)のつもりが
丁寧になりすぎると
そこに「お」の文字が加わり
「おしつけ」になっている日本の野球!

主役の子どもの
「心がなぜ動かないのか?」

そこに矢印を大人が向けさえすれば
気づき、そして答えが見えてくるかもしれません。

指導を勉強されている方も多いですし
野球に対する情熱を持っている方も多いのが
日本の野球の特徴です。

その方向性が「おしつけ」にならなければ
更に日本の野球は「進化」するのではないでしょうか?

コメントをどうぞ