と、言うことは?

IMG_0812

体育館にこんな張り紙が
至る場所に貼ってありました。

「使用後 掃除の徹底をお願いします。」

子どもたちに
「この張り紙を見てどう考えますか?」
と、聞いてみました。

代表的な意見としては

・あまりいい感じはしない
・掃除をしっかりやる

など様々な意見がありました。

私の意見としては

「貼った人の気持ちを考えること」
「掃除が出来ていないと捉えること」

そう捉えれば、行動は変わるはず・・

野球で言えば
「しっかり立ってね~」
と言われたら

しっかり立っていない

と捉えるべきと伝えました。

考え方が変われば
行動も変わってくるはずです。

コメント / トラックバック2件

  1. こうけん より:

    いつもメッセージ性のある投稿をありがとうございます。

    数年ぶりにコメントさせて頂きます。
    草野球をしています。細々ですが小学生からの長い野球歴、
    流石に体力の衰えを感じます。
    40歳を迎えたある年、プレイヤーとしては出来てもあと10年、
    50歳までかなと思っていました。
    今年45歳になり、40歳の時のその思いからするとあと5年。
    ところがまだまだやれそうな気がする。
    あと10年に延長だと思っていました。

    そんな時、先日の試合後こんな事がありました。
    前任の監督さんが久しぶりに顔を出され、話をしていると
    まだ毎日キャッチボールをしていて、今でもバッティング
    ピッチャーくらいは出来るからまた練習に呼んでくれと
    仰るではないですか。
    御歳77!
    自分の50歳そこそこで体力を理由にやめようと言う考えが
    物凄く恥ずかしくなりました。

    限界は自ら勝手に決めてしまったら何歳であろうとそこで
    終わりなんだと気付かされた出来事でした。

    考え方が変わると行動が変わる。

    正に同じ事です。

    できないのではない、やらないのだ。
    私はこの精神を忘れずに何事にもチャレンジしたいと
    いつも思っています。

    長文、失礼しました。

  2. 佐藤洋 より:

    こうけん さま

    ブログをチェックしていて、コメントに返信していないことに
    気がつきました。申し訳ありません。

    77歳で・・
    素晴らしいですね。

    そのためにも健康第一ですね。
    私もそうありたいです(笑)

    今年もよろしくお願いします。

コメントをどうぞ