なめたらいかんぜよ!

プロ野球のOBが野球教室をする場合
ボールの握りの説明を必ずします。

軟式も硬式もまったく同じです!

子供たちに「ボールの握りを見せてごらん!」
と言って確認すると
人差し指と中指の縫い目のかけ方がバラバラ(^^;)

左投げの場合、縫い目を上から見ると「C」の上に指をかけます。
右投げの場合はその反対で「⊃」の上に指をかけます。

※写真は横から見た握りです

問題は親指の位置です(^^;)
ストレートを投げているのにスライダー回転の多くの場合
この親指が中心にありません。

手が小さい子供は4点で押さえてもかまいませんが
ある程度の年齢になれば3点で押さえる方が
回転の多いボールを投げることができます。

そのためにも親指の位置に注意してください。

ゲームのAボタンを押すところや
拇印を押すところ・・・でボールを押さえると
それだけで指先の力の方向がスライダー回転する
準備を始めてしまいます。

「ツメ」のすぐ横の部分で押さえるのがポイントです☆

知っているようで知らない!
わかっているようでわかっていない!
出来ているようで出来ていない!

「ボールの握り」は盲点だと思います(^^;)

そう考えると「スピナー」はありがたい商品です☆

コメント / トラックバック9件

  1. 大船渡菅原 より:

    今日我がチームのエースの握りを見ました。

    スライダーする意味がわかりました

    ありがとうございました。

  2. MFT佐藤 より:

    質の良いボールを投げるためには
    重要なポイントです。

    「そんな事は知ってるよ」

    と言いますが、出来ていません。

    このブログを読んでくださっている方は
    全員「握り」を確認してください。

    ビックリする人が多いと思います(><)

  3. 中尾 より:

    少年野球でコーチをさせてもらっています。
    野球の基本であることなのでしょうが、はっきりとこうした方がいいと言うのは
    教えてもらう事が少ないですね。

    このように具体的に写真で見せてもらうと分かりやすいです。
    早速子供たちの握りを確認したいと思います。

    質問ですが、薬指の使い方はコツがあるんでしょうか?
    親指、人差し指、中指の3点で上下で押さえますが、
    薬指はボールの側面を押さえる?感じでいいのでしょうか。
    もし宜しければアドバイスいただければ幸いです。

  4. MFT佐藤 より:

    中尾様

    コメントいただきありがとうございます。

    薬指は考えなくても良いのではないでしょうか?
    プロの投手で変化球の場合に意識を持つ人もいると思いますが
    私は野手出身なので、まったく考えたことはありません。
    「側面を押さえる」でも間違いではありませんが
    子供たちは間違って受け止める可能性もあるので
    薬指については言わない方が良いと思います。

  5. 中尾 より:

    アドバイス有難うございます。
    子供たちには薬指には触れないようにします。

    私はリリーストレーナーを現在子供と使っていますがが、
    「薬指の微妙な使い方のコツをつかむことができます」という事から、
    側面を押さえるという解釈になりました。
    現実には抑えるより、添えるといった方がいいのかもしれません。

    リリーストレーナーをつけると確かにきちんとした回転でボールが来ます。
    こういった道具は私たちが子供の頃には無かったもので、
    非常にいいものだと思います。

    子供と使って行き、チームにも使えるように出来たらと思っております。
    有難うございました。

  6. MFT佐藤 より:

    言葉で表すのであれば
    「添える」が自然で良いと思います。

    リリーストレーナーは親指と薬指が引っ張られることにより
    勝手に親指がボールの中心を押さえことができる優れた商品です。

  7. 小三母 より:

    半年ほど前に野球チームに入り、
    今は低学年のピッチャーをさせてもらっています。
    毎日のキャッチボールで、やっとストライクが入るようになってきたところで、
    握り方が悪いことが判明。親指の腹で押さえているようです。
    正しい握りを指導すると、「これでは投げられない」とのこと。
    すっぽ抜けたようなボールしか投げられません。
    きちんとした握りで投げられるようになるには、どうしたらいいでしょうか?

  8. MFT佐藤 より:

    小三母さま

    低学年ということですので
    おそらくC球でもまだボールが大きいため
    親指が中心にくると投げにくいのだと思います。

    本文に記載してありますが

    「手が小さい子供は4点で押さえてもかまいませんが
     ある程度の年齢になれば3点で押さえる方が
     回転の多いボールを投げることができます」

    表現がなかなか難しいのですが
    時期が来たら、私は直すべきだと考えます。

    お箸の持ち方を変えると、初めはうまく使えなくて
    イライラしてしまいます。
    しかし、慣れてしまえばまったく気にならなくなります。

    体が成長し、時期が来た時に挑戦してください。

    くれぐれもボールの握りひとつ取ってみても
    負担の大きい年齢ですので、投げすぎないようご注意ください。

    いろんなスポーツを、いろんな動きを経験しなくてはいけない時ですので
    「野球ばっかり」にならないよう、大いにスポーツを楽しんでください。

  9. 小三母 より:

    早速ありがとうございました。変な癖で投げ続けると肩などに負担がかかるのかな、と心配なのですが…
    でも今は焦って直さなくてもよいのですね。

コメントをどうぞ