2014年3月 のアーカイブ

開幕前のセレモニー✩

2014年3月31日 月曜日
IMG_20140328

3月28日プロ野球開幕✩

巨人軍80周年のセレモニーに
参加してきました。

東京ドームの人工芝も新しくなり…
素晴らしい雰囲気の中で
当時の仲間や関係者の皆さんと再会しました。

「野球」っていいなぁ~・・・ヽ(*´∀`)ノ

IMG_20140328_173825904

高校野球のあるべき姿・・・

2014年3月27日 木曜日

画像 015

甲子園では選抜大会が開催されています。

苦しい練習を乗り越えて
地方大会を勝ち抜いた精鋭・・・

昔に比べると、技術の進歩は
目を見張るものがあります。

投手のスピード!
打者のスイング!

本当に素晴らしい限りです。

しかし・・・

「甲子園は人を育ててくれます」
「高校野球は人間教育です」

このフレーズは、もう過去のものなのでしょうか?
勝てば何をしても良いのでしょうか?

打者が捕手の構えをチラチラ覗く姿が
テレビの画面から伺えます。

名将?
古豪?
ナイスゲーム?

どれをとってもトンチンカンです。

スポーツマン精神!
正々堂々と!

高校野球が、何か恐ろしい方向に
向かっているような気がします。

体験学習・交流野球教室・・・

2014年3月24日 月曜日

IMG_3827

昨年に引き続き、南三陸町での
体験学習が終了しました。

今年は子どもの参加者が少なかったので
交流試合ではなく、野球教室に変更となりました。

IMG_3876

「教え合う」

ライバル心や競争心と言う名のもと
なかなか実践しているチームは少ないですが

子どもの心と技術を
大きく引き上げてくれます。

今回もお世話になったすべての皆様に
心から感謝いたします。

ありがとうございました。

多くの皆様が、今後も東北の復興を
見守っていただければ幸いです。

ぜひ足を運んでみてください。
何か感じるものがあるはずです。

IMG_3963

正解はないのですが・・・(^^;)

2014年3月20日 木曜日

卒業シーズン!

行田スクール最終日は28日(金)ですが
一足早く、「勇太」が飛び立ちました。

レッスンの最終日に

私:「勇太!レッスンは今日が最後だっけ?」

勇:「はい、そうです!」

私:「そうかぁ~、これで俺もやっと平和になるよ!」

勇:「佐藤さん、本当は寂しいんじゃないですか!」

こんな会話がありました。

この会話は何気ないかもしれませんが
私にとっては勇太の成長を読み取れる
大きな大きな意味を持っています(笑)

「はい」しか言ってはいけない・・・

そんなチームもあるそうですが
高校・大学に行っても
社会に飛び立っても
このコミュニケーション能力は
とても大切だと考えています。

「はい」
「いいえ」
「違います」
「わかりました」

もっと言えば

「おはようございます」
「こんにちは」
「ありがとうございます」

最低限のコミュニケーションですが
これだけだと、「心技体」の成長に
何かしら影響があるような気がします。

礼儀正しいだけでは
何か物足りません。

本当の「迷惑」って・・・?

2014年3月18日 火曜日

DSC02199

肘や肩を痛めた子どもが
お医者さんから一ヶ月の投球禁止と言われ
一ヶ月後に「投げていいよ」と言われ
すぐに試合に出場・・・(^^;)

大人と子どもは違うと言っても
それはあまりにも無謀です。

短い距離で少しずつ強度を上げながら
様子を見るのが一般的です。

少年野球では、本当にビックリすることばかり・・・

「痛いのに投げさせる」

こんな事がまかり通って
良いのでしょうか?

ジュニア期(小学生~14歳くらい)に
ひじ痛歴があると、痛みはなくなったとしても
完全に元に戻っているわけではなく、
高い確率でひじ痛を再発するそうです。

であるならば、「痛み」に関して
大人は子どものコンディションを
しっかり把握する義務があります。

ジュニア期に、傷めさせてはいけないのです。

痛みの最大の原因は
投球過多によるもので

根性がないわけでも
下半身が弱いわけでもありません。

単なる投げ過ぎです。

極端は話ですが、投げ方が悪いと知っているなら
投げさせない選択肢も必要です。

たとえ全国大会がかかる大一番であっても
試合に出場させるなんて有り得ません。

子ども達が花咲く場所は「今」ではなく
日本の場合の多くは「高校生」だと思います。

目先の試合にこだわる大人達。
大いに反省すべきです!

子ども達は痛くても言えないのです。
チームに迷惑がかかると信じています。

本当の迷惑とは、その試合を休むことではなく
致命傷となって野球から離れてしまうことです。