2016年2月 のアーカイブ

疑問・・・(^^;)

2016年2月24日 水曜日

IMG_1473

最近の高校生の帽子のかぶり方
最近の高校生の眉毛に

疑問を感じています。

高野連も何も言いません。
チームの指導者も何も言いません。

「認めてる」

 

周辺の方々に対してのアンケートでは

「好感を持てない」

と言う声が圧倒的ですが
大人が認めているので
大きな声を出す必要はありません。

ただ、自分の関わった子ども達には
「みっともないから止めるように」
伝えています。

訂正とお詫び

2016年2月22日 月曜日

ご案内した「きっかけ塾」のご案内が
一部、曜日の間違いがありました。

開催日は
 
➀3月6日(日)
 
➁3月12日(土)
 
です。
ご迷惑をお掛け致しました。

第一弾!!!

2016年2月21日 日曜日

3月6日(日)の講習会詳細です。

「人口1000万人の小国から、
毎年多数のメジャーリーガーを輩出!!」

カリブ海に浮かぶドミニカ共和国出身の多くの選手たちが、
メジャーリーグや日本のプロ野球で活躍しています。
彼らの活躍を日本では

『身体能力の違い』
『ハングリー精神の違い』

と表現されていますが、
実は彼らの活躍の根底にあるものは我々日本人にもできる
『選手指導・育成方法の違い』であることはあまり知られていません。

➀ロサンゼルス・ドジャースにて
25年以上の期間、選手育成に携わっているコーチからの学び。
➁選手の個々の能力を最大限に引き出すプログラム・練習方法の存在。
➂人口たった5000人から、現役メジャーリーガー5人を輩出している驚くべき村との出会い。
④現役メジャーリーガーから日本の指導者・選手へのアドバイス。

毎年、多くの有望選手を輩出し、
2013年WBCでも優勝を飾ったドミニカ共和国の野球から、
本物の選手指導・育成方法にぜひ触れてみてください。

野球指導者の方、保護者の方、将来指導者になりたいとお考えの方、
野球やスポーツ・教育に興味のある方、
どなたにも興味を持っていただける内容です。

【会 場】
行田市総合体育館グリーンアリーナ  研修室2F
〒361-0061埼玉県行田市和田1242

【参加費】 3000円/人

【申込み】Mail: jbbl@mft.jp
日本少年野球研究所までメールにて
参加日・氏名・職業・電話番号・メールアドレスを
ご記入のうえ、お申し込みください。

裏方の仕事・・・

2016年2月12日 金曜日

IMG_1381

「グランド整備したことある?」
「道具の準備、後片付けは?」

その子は首を横に振りました。
聞けば、すべて大人がやってくれると・・(^^;)

大人の言い分は
「練習に集中してもらいたいから」

その行為が「子どものため」というので
話はそこで終わり・・・
かける言葉も見つかりません。

「試合中にバット引きはある?」
「審判にボール運びは?」

その子はチームの主力!
経験がないとの答えでした。

『じゃぁ、誰がやるの?』の問いには

「ちっちゃな子、控えの子」

こんな環境で
「人に感謝しなさい」と言われても
本当の感謝を知ることはありません。

レギュラー選手だからこそ
今後の活躍を願い
裏方の仕事を経験させるべきです。

大人が勘違いしているのですから
子どもが勘違いするのは必然です。

レギュラー選手は試合に出て
控え選手が雑用をするのは当たり前?
勝負の世界は厳しい?

とんでもありません!

当たり前ではないことを
子どもたちに伝えてください。

人の気持ちがわからない指導は
人の気持ちがわからない子どもに成長します。

「試合終わったあと、バット引きした子どもに
 ありがとうって言ったことある?」

その子の目に涙が浮かびました。
この子はこれで大丈夫。
いい選手になると思います。

裏方を知る子どもは
強い人間に成長します。

変われる「きっかけ」がここにあります!

2016年2月11日 木曜日

図2ぜひ!
2つの講習会が決定しました!

「子どもとの関わり方」
「指導方法」
「野球との向き合い方」

が変われるチャンスです。

 

➀ 3月6日(日) 18時30分~20時

「ラテンアメリカ野球から学ぶ選手指導・育成研修会」

阪長 友仁 氏(さかなが ともひと)
大阪府出身 新潟明訓高校、立教大学卒

☆プロフィール
・スリランカ野球ナショナルチームコーチ (2006年)
・タイナショナルチームコーチ (2006年)
・ガーナナショナルチーム監督 (2007年)
・青年海外協力隊 野球隊員 コロンビア (2008~2010年)
・JICA企画調査員 グアテマラ (2011~2014年)
・NPO法人BBフューチャー職員 (2014年~)
ドミニカ共和国野球指導法調査・研究、
国内チーム・プロ野球選手サポート業務などを実施

➁ 3月12日(土) 19時~20時45分

「心の軸足を中心に」

武野 顕吾 氏 (たけの けんご)

臨床心理士。
スポーツ選手などの「メンタル面の能力向上」を目指すため、
臨床心理学の手法を用いたサポートを行っている。
野球をはじめ、サッカー、ゴルフ、陸上、
その他の競技や、会社経営者なども含む様々な分野で
「何かを極めようとする人々」を対象とし、
一対一の個人面接、集団に対するワークショップの実施など
多角的なアプローチをしている。
現在もソフトバンクホークス・内川聖一選手と
個人契約を結んでいる。

【会 場】
行田市総合体育館グリーンアリーナ  研修室2F
〒361-0061埼玉県行田市和田1242

【参加費】 3000円/人

【申込み】Mail: jbbl@mft.jp
日本少年野球研究所までメールにて
参加日・氏名・職業・電話番号・メールアドレスを
ご記入のうえ、お申し込みください。