MFTの願い
コンディション > 野球部員の熱中症 > 熱中症、こんな時に要注意!

秋も熱中症には気を付けよう

● 熱中症は、気温・湿度・輻射熱に注意!
熱中症は気温・湿度・輻射熱に注意

熱中症は、気温だけではなく、湿度輻射熱(日差しの強さ)にも注意を払う必要があります。
気温がそれほど高くなくても日差しが強ければ、輻射熱で体温が上がる要因になりますし、湿度が高ければ、汗が蒸発せず体温が下がりにくくなります。

● 天気予報の熱中症指数をチェックする

夏場になると、各種天気予報に「熱中症指数」の欄が加わります。気温・湿度・輻射熱をもとに、熱中症の危険度を表したものです。

日本気象協会でも夏場には掲載しています。
ケータイでも見ることができるサービスもありますので、毎日の練習の前にチェックしてみてはいかがでしょうか?

気候や練習条件の変化に注意

人間は、暑い中ですごしていると、1週間くらいの間に、汗をかく量が増えて体温調節の能力が高まっていきます。

裏を返せば、前日までに比べ急に気温が上がったり、湿度が高くなったり、練習条件が変わった時など体が慣れていない時に、熱中症の危険が高まります。下記のような条件の時には、十分注意しましょう。

・前日までに比べ、急に気温が上昇した時

・天気が悪い日が続いていて、久しぶりに晴れた時(梅雨明けの時など)

・気温がそれほどでなくても湿度が高い

・急に激しい運動をした時 (練習の初日休み明けなど)

・体に疲れがたまっている時 (合宿の最終日など)

・睡眠不足、下痢など体調が悪い選手(下痢の場合は脱水症状になりやすい)

・体力が低下している時(かぜ等の病気回復後

このページのまとめ
気温の高い日だけではなく、湿度が高い時や、日差しの強い日にも熱中症に注意しましょう。
急に暑くなったり、練習環境が変わった時など、急な変化に体が慣れていない時に熱中症は起こりやすいので注意しましょう。
アジリティディスク
バランス感覚を高める商品 (2個と空気入れで1セット)
スローイングセット
人気商品のお得なセット
洗剤
数々の実験で実証された洗浄力抜群なユニフォーム専用洗剤!
L.F.ソイビーン
大豆100%の原料を、脱脂加工で脂質1%に!選手の体作り・ご両親の健康維持にご活用ください。
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.