MFTの願い
守る > 捕球の基本 > 正面で捕球するとは?

体の正面で捕球するということ

正面で捕球する
正面で捕球

「体の正面で捕球しろ」「体の中心で捕れ」

ほとんどの選手は何度も言われているでしょうし、こういう指導をされている指導者が大半だと思います。

多くの方は「正面で捕球する」とは、この写真のようなイメージを持っていると思います。

無理に正面に入ろうとした捕球 無理に正面に入ろうとして捕球している (三遊間の捕球参照)


それでは、打球や送球が体の横方向で、追いつくのがギリギリの場合はどうでしょうか?

無理してでも打球の正面に入った方がいいのでしょうか?

体が捕球方向を向いていれば体の正面

おへそを捕球方向に向ける
おへそを捕球方向に向ける
両足の中心ではないが、
上半身の正面で捕球している

上の写真は送球が左右にそれているため、横向きになって捕球しています。

しかし、送球(打球)の正面ではないかもしれませんが、「体の正面で捕球をしている」と考えています。

捕球方向を上半身(おへそ)がしっかり向いているからです。

下の写真と比べてみれば、その違いがよくわかるでしょう。
中心から外れた悪い捕球の例
× 体を向けず、中心から外れた捕球

写真では捕球方向に体を向けず、手だけで取りにいっています。

いわゆる体の中心から外れた捕球の悪い例です。

このような捕球をすると、グラブとボールの位置関係がわからず、捕球ミスをする可能性が高くなります。

追いつくのがギリギリで、打球の正面に入るのが難しいと感じたら、逆シングルでいいですから、しっかり捕球方向を向いて、「体の正面」で捕球しましょう。

無理に正面に入ろうとした捕球
無理に正面に入ろうとすると
バランスを崩しやすい
逆シングルでも正面で捕球していることになる
逆シングルの方が堅実な
プレーになる場合もある

打球の正面に入ることにこだわりすぎて、プレーの幅をせばめるよりも、体の正面で捕球するという言葉の意味を少し広くとらえて、どんな状況でも安定したプレーができる方が良いでしょう。

以下にわかりやすいよう体の正面(中心)で捕球できている写真を並べておきます。

正面で捕球する正面で捕球する

両足の中心ではないがおへそが捕球方向を向いているからだの正面での捕球両足の中心ではないがおへそが捕球方向を向いているからだの正面での捕球

両足の中心ではないがおへそが捕球方向を向いているからだの正面での捕球

両足の中心ではないがおへそが捕球方向を向いているからだの正面での捕球

(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
ライトフライトマシン
変化球自在,、球質もすばらしい超格安マシン。 専用バッテリー(別売)でどこでも練習ができます。無料デモ機貸し出し中
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
インスタントスクリーンネット
手軽に携帯ができ、1〜2分で組み立てられる大変便利なネット。超軽量約6kg!
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.