MFTの願い
守る > 一塁手 > 投手へのトスのコツ

投手へのトスのコツ

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2005年10月号)
一塁ベースカバーに入る投手にトスするときは、以下の3つのポイントに注意することで、ミスの少ない安定したトスができるようになります。

1.トスする方向に移動しながら

一塁方向に移動しながらトスをする
一塁方向に移動しながらトスをする
一塁ベース方向へ移動しながら、トスを行いましょう。

その場で動かないでトスをすると、遠くに投げようとして手元が狂う場合があります。

走りながらであれば、トスの方向が安定しますし、軽いトスで届きますのでミスが少なくなります。

2.手首をあまり使わない

手首をあまり使わない
あまり手首を使わずに投げる
手首をあまり使わずにそっとトスしましょう。

3.手のひら全体に乗せる

手のひら全体に乗せる 手のひら全体に乗せてトスしましょう。
指先でトスすると、思わぬミスがあります。
ボールを手のひら全体に乗せてトスしましょう。

指先でトスしようとすると、指先に引っ掛かって思わぬ方向に行ってしまう場合があります。
インスタントスクリーンネット
手軽に携帯ができ、1〜2分で組み立てられる大変便利なネット。超軽量約6kg!
(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.