MFTの願い
守る > 素早く正確に > 素早いステップ練習

捕球後の素早いステップ練習

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2005年4月号)
捕球後の素早いステップ練習
捕球後の素早いステップ練習

捕球後のスローイングへのステップの練習方法を紹介します。補助者は、2〜3m先から捕球の体勢で構えている選手の両足の中央に軽くボールを転がします。選手は捕球後、投げる方向にしっかりステップをして、十分に体重移動をしながら投げる形を作ります。

投げる方向に両足、腰、両肩のラインをしっかり向ける
● 強く安定した送球をするために

強く安定した送球をするために、両足・腰・両肩のラインが投げる方向にしっかり向いているか確認してください。
(両肩のラインは少し入り気味でもかまいませんが、開かないように注意しましょう。)


悪い例
悪い例

強い球を投げようとして、体を浮き上がらせたときに、反動で後傾になってしまう選手がいます。

また、低い位置からそのまま素早く投げようと、体が前に倒れすぎる選手も見受けます。

このようにバランスが崩れると、悪送球の原因になります。

送球時の姿勢に特に注意を払いましょう。

(前傾していても下や横から投げる場合は問題のない形です)

(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
インスタントスクリーンネット
手軽に携帯ができ、1〜2分で組み立てられる大変便利なネット。超軽量約6kg!
スモールボール
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.