MFTの願い
守る > 外野手 > 構えとスタート

構えとスタート

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2006年5月号)
外野手は広い守備範囲が必要とされますが、そのために一番大切なのは一歩目のスタートです。スタートが0.1秒速くなれば、1m先の打球に追いつくことができます。
良いスタートをするためのポイントを構え方と一歩目のスタートに焦点を当てて説明していきたいと思います。

ひざに手を置かない

ひざに手を置かない
打球はどこに飛んでくるかわかりませんから、前後左右どの方向へも素早くスタートする必要があります。

ひざに手を置いて構えてしまうと、重心のかけ方によって、スタートしやすい方向としづらい方向ができてしまいます。
体の力を抜いて、両手をひざから離して構えましょう
テニスプレーヤーがサーブを待つ時は、両手でラケットを持って体をゆらゆらさせながら待つ選手が多いと思います。

どの方向にサーブが来ても素早く反応できるようにするためです。体の力を抜いて、両手をひざから離して構えましょう。
外野手の構え方
外野手の構え方
外野の場合、写真のように左右どちらかの足を少し前に出して斜めに構える選手も多いので、参考にしてください。

腰の高さを変えない

腰の高さを変えない
スタート時に、腰・目線の高さが変わらないように、構える時の腰の高さは内野手よりは高めにしましょう。

下の2枚の写真のように低く構えすぎると、一歩目の上下動が大きく、ロスすることになります。
腰の高さを変えない
腰の高さを変えない
(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
フットベッド
疲労を軽減、効率よく力を伝える、人間工学を研究し尽くしたアスリートのための逸品。
インスタントスクリーンネット
手軽に携帯ができ、1〜2分で組み立てられる大変便利なネット。超軽量約6kg!
5ポイントヒッティングティー
同時に2つのボールが打てるプロおすすめの練習道具。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.