MFTの願い
守る > 外野手 > 捕球の姿勢

捕球の姿勢

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2006年6月号)
フライを捕球する時に、ほんの少し気をつけるだけで、目測を多少誤っても余裕を持って捕球できるようになります。そういった注意点を紹介します。

捕球時のグラブの位置

捕球時のグラブの位置
捕球位置のよい例
捕球時のグラブの位置
× 近すぎる例と遠すぎる例
● 遠すぎず、近すぎず

フライを捕球する時、捕球位置が近すぎても、腕を伸ばして遠すぎても、捕球ミスにつながります。

程よい位置で捕球することで、打球の変化等にも余裕を持って対処できるようになります。

→ 捕球の基本 参照

半歩引いて半身の形

半歩引いて半身の形半歩引いて半身の形 半身で捕球すると目測を誤っても対応しやすい
足を揃えて捕球後ろの打球に対応しづらい 足を揃えて捕球すると後ろの打球に対応しづらい
● 半歩引いて捕球する

足をそろえて捕球をするより、半歩引いて半身の形で捕球することをお勧めします。

半身の方が、風の影響や打球の変化などによって、多少目測を誤った時でも対応しやすいからです。

足を揃えて捕球する場合、後方の打球に対応しづらくなります。

半身の体勢の注意点

半身の体勢をとるときの注意点

半身の体勢をとるときに、両足の先が完全に横を向いてしまうと、左側にそれた打球に対して対応しづらくなりますので注意してください。

※背面キャッチができるくらい高度な技術のある選手は話が別ですが・・・

半身捕球の姿勢づくり

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2006年7月号)
半身捕球の姿勢づくり
半身の形で捕球しようすると、どうしても両足が揃ってしまう選手は、写真のようにグラブと反対の手をポケットに入れて捕球する練習を試してください。

捕球する姿勢も良くなり、半身の感覚がわかります。
(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
フットベッド
疲労を軽減、効率よく力を伝える、人間工学を研究し尽くしたアスリートのための逸品。
インスタントスクリーンネット
手軽に携帯ができ、1〜2分で組み立てられる大変便利なネット。超軽量約6kg!
5ポイントヒッティングティー
同時に2つのボールが打てるプロおすすめの練習道具。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.