MFTの願い
守る > 外野手 > 球際に強くなる

球際に強くなる

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2006年7月号)
外野手のあと一歩、ギリギリで追いつけるかどうかは大きく明暗を分けます。

捕球できなければ長打になってしまうからです。

ここでは、球際に強くなるためのコツを紹介します。

低い位置で捕球する

低い位置で捕球する 低い位置で捕球するとより遠くの打球に追いつくことができる
低い位置で捕球する 高い位置で捕球した場合
写真を見てわかるように、ギリギリの打球の場合、高い位置で捕球するよりも、低い位置で捕球した方がより遠くの打球に追いつくことができます。

あと一歩の球際に強くなるための練習として、軽くトスしたフライを低い位置で捕球する練習をしましょう。

股関節も柔らかくなり、ギリギリのプレーの範囲を広げることができます。

ひざとつま先に注意する

ひざとつま先に注意する
ギリギリのプレーの時にはケガをしやすいものです。

ひざの方向とつま先の方向がほぼ一致している場合は、とっさのアクシデントで力がかかっても比較的耐えることができます。

ケガしやすい例

ひざとつま先の方向が一致していないと、思わぬ方向から力がかかったときにバランスを崩してケガしやすいので注意が必要です。

このような体の使い方をしている選手は、普段の歩き方、走り方を見直して、ケガを未然に防ぐよう心がけましょう。
ケガしやすい例
× ひざが内側や外側に折れている
ケガしやすい例
× つま先が内や外を向いている
(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
フットベッド
疲労を軽減、効率よく力を伝える、人間工学を研究し尽くしたアスリートのための逸品。
インスタントスクリーンネット
手軽に携帯ができ、1〜2分で組み立てられる大変便利なネット。超軽量約6kg!
5ポイントヒッティングティー
同時に2つのボールが打てるプロおすすめの練習道具。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.