MFTの願い
守る > 二塁手 > 二遊間の打球を一塁に送球する練習1

二遊間の打球を一塁に送球する練習1

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2005年11月号)

体重移動の感覚をつかむ練習方法

体重移動の感覚をつかむ練習方法
体重移動の感覚をつかむ練習方法
左足だけで立ち、補助者に右側にトスしてもらいます。

右に移動しながら捕球した後、投げる方向にしっかり体重移動しながら送球します。

この間バランスが崩れないよう注意しましょう。

右にトスされたボールを送球

右に送球方向に直角に着地し、しっかり踏ん張る
補助者は、選手が体勢を崩さずに取れる範囲でトスをします。
選手は、右足でしっかり踏ん張って、バランスを崩さずに素早く強い送球ができるよう練習しましょう。
● 軸足が内側につぶれないようにする
軸足が内側につぶれないようにする 写真左はひざが内側につぶれている。右側のようなひざの形の方が、力強く踏ん張ることができる。


しっかり踏ん張るために2つのポイントがあります。

ひとつは、踏ん張る右足を送球方向に直角に着地すること。

もうひとつは、ひざが内側につぶれない(写真のように折れない)よう注意することがポイントです。
空中で回転し、着地の時には体重移動が始まっている
基本的に、前述したように軸足が内側に折れずにしっかり踏ん張ってバランスを保つことが大切です。

しかし、上の写真のように空中で回転が終わり、着地した時にすでに投げる方向に体重移動が始まっている場合は、バランスが崩れていないのであれば、その方が素早く送球することができます。

このような高いバランス能力のある選手には、例外として無理に軸足の矯正をさせないことも必要だと考えます。

「正確に、強い送球ができる」かどうかを判断の目安にすると良いでしょう。
アジリティディスク
バランス感覚を高める商品 (2個と空気入れで1セット)
リリーストレーナー
リリースポイントが一定し、正しい回転のボールが投げられるようになる商品!
(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
フットベッド
疲労を軽減、効率よく力を伝える、人間工学を研究し尽くしたアスリートのための逸品。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.