MFTの願い
守る > 遊撃手 > 三遊間の捕球

三遊間の捕球

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2006年3月号)

ギリギリの打球

ギリギリで追いつけるかどうかという三遊間の打球の場合は、左足を前に出しながら体を伸ばすことで捕球できる範囲を最大限に広げることができます
ギリギリで追いつけるかどうかという三遊間の打球の場合は、左足を前に出しながら体を伸ばすことで捕球できる範囲を最大限に広げることができます。

少し余裕がある打球

一歩早めに減速して逆シングルで捕球すると素早く安定して送球体勢に入ることができます
少し余裕があるが、完全に正面に入ることができない場合、一歩早めに減速して逆シングルで捕球すると素早く安定して送球体勢に入ることができます。ギリギリの打球の時と、右足と左足の位置関係が逆になっています。そのことによって、安定した姿勢でスローイングにつなげることができます。
無理に正面に入ろうとして不安定な体勢になると、捕球が不安定になり、送球時にバランスを崩しやすくなります
無理に正面に入ろうとして、写真のような体勢になると、捕球が不安定になります。

また、体のバランスが崩れ、安定した送球が難しくなりますので、注意しましょう。
(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
フットベッド
疲労を軽減、効率よく力を伝える、人間工学を研究し尽くしたアスリートのための逸品。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.