MFTの願い
守る > 三塁手 > 強い正面の打球

強い正面の打球を止める

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2006年2月号)
三塁手はホームから近いため、非常に強い打球を処理する場面も出てきます。

そこで、バウンドが合わない強い正面の打球を止めるコツを紹介します。

低い打球の場合

● 余裕がない低い打球はひざをついて打球を止めることを優先

通常の打球は、動きを止めないためにひざをつかずに打球を処理します。
しかし、低くて強い打球でバウンドを合わせる余裕がない時に限り、ひざをついて打球を止めることを最優先にします。

● ひねりを入れて柔らかく対応

単純に打球方向を真っすぐ向くより、写真のように下半身を少し横向きにし、左肩を前方向に入れるような感覚で上半身と下半身の間にひねりを入れると、柔らかい対応がしやすくなります。

力を抜いてとっさに柔らかく素早い反応ができるような姿勢で打球を待ちましょう。

● 上下とも横を向くとはじきやすい

写真のように下半身と一緒に上半身も横を向いてしまいますと、逆に捕球が難しくなり、仮に体で止めたとしても横に大きくはじいてしまう可能性があります。

高い打球の場合

高い打球の場合、低い打球と違って、ひざはつきません。

しかし、低い打球同様、下半身はやや横向きにして、上半身と下半身の間にひねりを入れると対応しやすくなります。
低い打球同様、上半身・下半身ともに横を向いてしまうと、横に大きくはじいてしまう可能性があるので、注意しましょう。
(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
ライトフライトマシン
変化球自在,、球質もすばらしい超格安マシン。 専用バッテリー(別売)でどこでも練習ができます。無料デモ機貸し出し中
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
インスタントスクリーンネット
手軽に携帯ができ、1〜2分で組み立てられる大変便利なネット。超軽量約6kg!
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.