MFTの願い
スクール > サマーキャンプ > 2005サマーキャンプ

2007ベースボールキャンプin南三陸を振り返って1   佐藤洋

2007年8月15日から2泊3日のサマーキャンプが宮城県本吉郡南三陸町「平成の森」において開催され無事に終了しました。

参加者は選手42名、 大人11名、総勢53名が参加しました。


 選手の学年別参加数
 小学4年 06名
 小学5年 06
 小学6年 12
 中学1年 08
 中学2年 06
 中学3年 04

 県別参加数(大人含む)
 宮   城 23名
 埼   玉 16
 千   葉 03
 神奈川 03
 岩   手 02
 東   京 02
 長   野 02
 三   重 02
今回は日程の調整がつかず、参加できなかった方々からもたくさんのお問い合わせをいただきました。

ありがとうございました。
佐藤町長のあいさつ
佐藤町長のあいさつ
小野木代表幹事のあいさつ
小野木代表幹事のあいさつ

さて初日。
時間通りに全員が集合!

開校式には佐藤仁南三陸町長、
日本プロ野球OBクラブ宮城県代表幹事の小野木孝さんにもお越しいただきました。

野球に必要な動き
キャッチボールの基本

いよいよ練習開始。

まずは私、佐藤洋による「野球に必要な動き」

最初は上手に立てなかった子供たちが短時間で真っすぐに立てるようになり、体の開きも少なくなりました。
同時に股関節の動きもスムーズになっていきます。

続いては大川章氏による「キャッチボールの基本」

ボールの握りや捕球の仕方、
ステップの踏み方、 体重の移動などを学びました。

チェックポイントが明確になり、それを意識して行う事によって
投げ方にもすぐに変化がでました。

グループディスカッション
グループごとに全員が前に出て発表

夜の部。

選手はグループディスカッション!
テーマにそって皆で話し合い、発表しました。
さっき会ったばかりなのにコミュニケーションが取れています。
子供の持っている能力って素晴らしいなと実感した一瞬です。

テーマ
・NHK教育テレビ「メジャー」について
・一流の野球選手とは?
・甲子園球児、またはプロ野球選手になるためには?
・今回のキャンプに参加した目的

体の使い方

大人は「体の使い方」の講義を受けました。

それから今回トレーナーとしてご協力をいただいた斎藤忠正氏から
ストレッチについての説明をいただきました。

皆さん、硬かったです・・・(笑)

キャッチボールの重要性
大川氏の講義に真剣に聞き入る

最後は全員で「キャッチボールの重要性」を学びました。

通常子供たちは食事後のミーティングともなると
居眠りする者も出てきますが、今回は誰一人いませんでした。

これにはちょっとビックリです。

講習会終了が21時。
さぁ、今日の予定は無事に終了!
あとは自由時間です。

道具の手入れをする子供たち。
素振りをしたり、立つ練習をしたり・・・
時間の使い方は自由ですが、皆、生き生きしています。

さて、今回の部屋割りは、
大部屋に20名、二段ベッド付きの各部屋に7名ずつの割り当てです。

それを小学生と中学生で一日交代にしました。
初日は小学生が大部屋です。

消灯は22時!

小学生はともかく、中学生が22時に寝るわけがありません。
そして計算通り、24時前に南三陸町にオヤジの雷が落ちました。

翌朝は7時の散歩開始です。
それに間に合うように、各部屋ごとに子供たち自身の責任で起床時間を決めてもらいました。
遅くまで起きていたグループが寝坊してくれると 教育的にはありがたいのですが、
どうなるやら・・・

こうして一日目が無事に終了!     (佐藤 洋)

Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.