MFTの願い
スクール > サマーキャンプ > 2005サマーキャンプ

2007ベースボールキャンプin南三陸を振り返って2   佐藤洋

二日目の朝!

私は6時頃に起床。
天気は快晴。

何気なく外を見ると、あるグループがすでにキャッチボールをしています。
昨日の復習をしていました。
医学的には決してほめられた行為ではありませんが、
彼らのその気持ちには尊いものがあるような気がしました。
グランドに向かって歩く選手たち
グランドに向かって歩く選手たち

みんなでストレッチ
みんなでストレッチ

一人ずつ一歩前に出て大声で
一人ずつ一歩前に出て大声で

そして7時の散歩!

残念な事に全員が時間までに集合してしまいました(笑)
ちょっとガッカリしましたが、まだまだ作戦は残っています。

散歩となると必ずサンダル・スリッパで来る人間がいます。
その連中に対して「散歩の目的とは・・・」と指導するつもりでいました。

ところが・・・
全員、靴下と靴を履いています。

スタッフの指示かと思って聞いた所、誰も言ってないとの事!
原因は不明ですが、これまたビックリしました。

さて、今回の朝の散歩では、
選手に大声を出してもらうと決めていました。
野球において、「照れ」は大きなマイナス要素!
古きものの中にも日本古来の伝統が詰まっていると思います。

今日は中学生!
「自己紹介」と「今日の目標」が、
約100メートル先のみんなに聞き取れたら合格です。

さて、さて・・・
「えっ?」
やり直しは数人出ましたが、これまた全員合格!

サマーキャンプ
サマーキャンプ
サマーキャンプ

朝食の時間です。

昨晩は中学生にご飯と味噌汁をよそってもらいました。
今日は小学生の番です。
細心の注意を払って見守っていました。
当然、不慣れな作業でしたが、楽しそうに皆で協力していました。
中学生と大人は着席していて「ありがとう」と声をかけます。
難点は時間がかかるので、
待つのは辛いのですが「やれば出来る」のです。

さて、準備完了!
今回の号令は埼玉スクールリーダー役のH・R君。
「姿勢を正して」 「いただきます」

「姿勢を正して」の言葉で全員の姿勢が良くなります。
それを確認して、彼が「良し」との判断すれば
「いただきます」
ダメだと判断したら、もう一度「姿勢を正して」・・・

彼は小学生の時から指導しているので、
野球だけではなく、
どの世界でもリーダーになってほしいと願っています。
しかし、一度だけ声に張りがなく、
「その声では姿勢は正せない!」と、やり直し!

後片付けの時間!

テーブルを拭いたり、ゴミを拾ったり、
最後まで仕事をしている子供達がいました。
「どうして君達はそうしているの?」
と聞くと、
「チームの監督さんから言われています。」との返答!
「当たり前なので・・・」
これにも驚かされました。

成長期の子供は食事が重要です。
ご飯の食べる量、
食べ方、
時間、
やはり合宿の良さは、普段見えない生活習慣を見ることができる点です。

食事に関しての正直な感想は
「あまり食べない!」
「食べるのが遅い!」
という点でした。

確かによく噛んで食べたほうが消化には良いのでしょうが、
もっとガツガツ食べないと・・・
体が資本です。     

次はいよいよ練習開始です。     (佐藤 洋)

Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.