← おトクなポイント制度を利用したい方は事前に会員登録(無料)を
目的別商品選び > タイミング(0.01sを大切に)

タイミングを合わせる (100分の1秒を大切にする)

インパクトの瞬間(1/100s)
インパクトの1/100秒
(小学生のスイング)

写真は、小学生のインパクトの瞬間と、その100分の1秒前の写真です。

100分の1秒というほんの一瞬の間に、バットはこれだけ進みます。

つまり、100分の数秒というわずかなタイミングのずれで、ジャストミートと空振りの明暗が分かれてしまうのです。

ちなみに、まばたきは平均で0.1〜0.15秒と言われています。

次の写真は0.1秒(100分の10秒)の間のスイングを表しています。
インパクトの瞬間(1/10s)
0.1秒(10/100秒)まばたきの時間

まばたきしている間に、バットはこんなにも進んでしまうのです。

だからこそ、タイミングを合わせることは難しいのです。

タイミングを合わせるために重要なのが、「トップ」と「スムーズな振り出し」です。


トップでタイミングを調整する

構えた状態から、投手のモーションに合わせて、選手によって足を上げたり、または小さく前足をステップしたり、始動します。

選手個々によって、始動のタイミングは様々ですが、早めの始動をすすめています。

トップでタイミングの微調整をする 着地時の動きを少しゆっくりにしてトップでタイミングの微調整をする。

そして、前足の着地する「トップの形」で最終的なタイミングの微調整をして、スイングを開始します。

一度バットが動き始めたら、ほとんど調整はできませんので(高度な技術を持つプロ選手は別ですが)、タイミングで一番重要な役割を果たすのは、スイングを開始する直前の「トップの形」になります。

トップ」の形がしっかりして、十分に力を蓄えた状態を作ることができると、タイミングを微調整することができるようになります。

タイミングを合わせるのが苦手だと感じている選手は、「トップ」の形をしっかり作ることをおすすめします。
トップの形参照)


スムーズな振り出し

トップからタイミングを合わせてスイングを開始しますが、この振り出す動作に無駄な動きが入ったり、遠回りしたり、力が入り過ぎたりすると、簡単に100分の数秒タイムロスをしてしまいます。

タイムロスをなくし、タイミングがとりやすくなるためには、スイングの始動が自然にスムーズになることが大切です。

スイングの軌道

写真のように、後ろひじをうまくたたみ、グリップをボールにぶつけるような感じのスイングができると、時間のロスも少なく、ミートする確率が高くなります。

このようなタイムロスの少ないスムーズな振り出しの感覚をつかむために生まれたのがモンスタースラッガー MFTモデルです。

製造元(内田販売システム)と、100分の1秒にこだわって微妙な修正をしたMFTオリジナルの商品となっています。

オモリが動く素振り用バットですが、従来品と違い、オモリの滑りが非常によくなっていて、少しでも無駄な動きをすると、すぐにオモリが先端に移動してしまうため、スムーズで自然に振り出す感覚を身に付けることができる製品となっています。

トップの形
無駄な動きや力みすぎた場合
トップの形
スムーズな振り出しができた場合

ただし、バットが遠回りしても、左下の写真のように距離を取らず、小さな動きでそっとミートポイントにバットを出すと、オモリの移動を遅らせることができますが、それでは力強いスイングができませんので、「トップ」の形にもしっかり注意しましょう。

小さなテークバック
× 距離が取れていないトップの形
大きなテークバック
○ 距離が取れているトップの形
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
ピッチングマシン
消耗品も含めて2年間保証!購入検討の方にデモ機無料貸し出し実施中
スピナー
自分で回転を確認でき、伸びのある球が投げられるようになる商品。
VDB
VDB
3球1セット 練習プログラム付
研究データを元に開発された球速アップのための練習ボール。
洗剤
数々の実験で実証された洗浄力抜群なユニフォーム専用洗剤!
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.