← おトクなポイント制度を利用したい方は事前に会員登録(無料)を
目的別商品選び > リリースの精度UP

リリースの精度を上げる

● 腕の振りと手首の向きを一致させることが重要
佐藤がスピナーを投げた映像

効率良くボールに力を与えるためにも、コントロールの精度を上げるためにも、腕を振る方向と手首の向きが一致する必要があります。

腕の振りと違う方向にボールが出る選手は、手首の向きがずれている可能性があります。
(その弊害についてはこちらのページをご参照ください。)

左の動画では、ボールを投げる瞬間の腕を振る方向と、手首の向き、そしてボールの飛び出す方向が一致しています。

そのため、効率良くボールに力を加えることができ、真っすぐな回転のボールを投げることができています。

スピナーを投げる映像
1/30の超スロー再生しています(秒300コマで撮影し、秒10コマで再生)

手のひらはひねらなくても外を向く

左の動画では、リリースした後に手のひらが外側を向いています。

この動きは、前方に腕を振るときに、背中の筋肉に肩の前側が引っ張られて生じる動きで、人間の筋肉の構造上、自然に起こるものです。


この動きを意識して腕をひねりながら投げると、複雑な動きになってしまい力を伝える方向が安定しなくなります

真っすぐ腕を振り、まっすぐ力を伝えることを意識しましょう。

最後は手が下を向いている選手が多いのは?

背中の筋肉のひっぱりがほどけて、自然な形に戻る

一時的に手のひらが外を向いても、フォロースルーの最後にはほとんどの選手の手が下を向いています。

手首でひねっていないため、背中からの引っ張りがほどけると、自然な形に戻るからです。

真っすぐ力を伝えて自然に腕を振り切ることを意識しましょう。

腕の振りとボールの出る方向が
ずれた投げ方
腕の振りと手首の向きがずれた例


写真の2例は、手首が腕を振る方向とずれています。

そのため、力をロスしますし、回転も不安定になります。また、コントロールをつけるのも難しい投げ方です。

腕の振りとボールの方向を一致させるには

腕の振りとボールの方向が一致した投げ方

どうしても腕の振りとボールの飛び出す方向がずれてしまう選手は、リリーストレーナーがお勧めです。

手首の方向に指が引っ張られているため、リリース時に力を加える方向を修正することが可能だからです。

→ リリーストレーナーのご購入ページへ
→ 他の人気商品とリリーストレーナーのお買い得セットはこちら
リリーストレーナー
リリースポイントが一定し、正しい回転のボールが投げられるようになる商品!
スローイングセット
人気商品のお得なセット
VDB
VDB
3球1セット 練習プログラム付
研究データを元に開発された球速アップのための練習ボール。
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
シュプリームスイング
バットの遠回りの改善に最適な、画期的な構造の素振り用バット新発売!
ピッチングマシン
消耗品も含めて2年間保証!購入検討の方にデモ機無料貸し出し実施中
洗剤
数々の実験で実証された洗浄力抜群なユニフォーム専用洗剤!
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.