← おトクなポイント制度を利用したい方は事前に会員登録(無料)を
目的別商品選び > 加速を生む腕のしなり

伸びる球を投げる

● 伸びのあるボールとは?

いい投手は、ボールが浮き上がるように見えます。野手の送球でも伸びがあると、遠くまでスーッと送球することができます。 伸びるボールと、そうでないボールの違いは何でしょうか?

浮き上がって見えるボールは回転数が多く、縦回転のボール
● 回転数が多く、縦回転のボール

縦回転で回転数の多いほど、浮き上がって見える、いわゆる伸びのあるボールになります。
プロの投手の直球は、ホームベースまでに平均で約17回転(注)します。なかには20回転もする投手がいて、そういった投手はストレートで三振の山を築いています。

(注)1秒あたりの回転数に換算すると、球速にもよるが35〜40回転くらい。

プロのボールの回転軸の傾きは平均30度くらい
プロの平均の傾きは30度くらい
実際には、プロの投手のストレートでも、回転軸の角度はまちまちです。ストレートで押すタイプの投手は0〜10度くらいですが、平均すると30度程度の傾きのようです。

※回転軸がわかりやすいように、ここではボールの代わりにスピナーで説明しています。

※ 実際は、引力によって沈んでいくのですが、回転数が多いと空気抵抗による浮力が生じ、沈む度合いが少なくなるため、浮き上がるように見えます。
アンダーズローの上半身の使い方 サイドスロー・アンダースローは、回転軸の傾きが大きくなる


サイドスロー・アンダースローは、回転の傾きが大きくなります。

傾きが大きくなれば、キレのいいシュートボールになります。

回転軸が安定することで力のあるボールを投げることができます。

アンダーズローの上半身の使い方 アンダースローの上半身を
傾けたら…


アンダースローの投手の上半身の傾きを変えてみた絵をご覧ください。

オーバースロー(スリークォーター)の投手と、あまり変わらない形になることがわかると思います。

このように、上からでも横や下から投げても、上半身の傾きが違うだけで、基本的には上半身の使い方にはそれほど差がありません。

伸びのないボール
伸びのないボール

伸びのないボール

進行方向に対し、回転軸がずれていれば、伸びのないボールになります。

回転数が多ければ変化します(写真の場合はスライダー)。
一方、回転軸が一定しない場合(スピナーではボールがフラフラして見える)は、力のないボールになります。

初心者や遠投力のない選手はこのタイプが多いです。
回転が良くなると、伝える力の方向も一致し、強いボールが投げられるようになる。

実際にボールを投げるときには、自分の回転を確認することができません。

受け手から、「今のボールの回転は良かった」とか、 「今は良くなかった」 と言われても、投げる瞬間にはわかりません。

そのため、回転の良し悪しと投げる瞬間のイメージが具体的に結びつかず、 修正するのは難しいです。極端なことをして、ますます崩してしまう場合すらあります。

しかし、スピナーを使ってキャッチボールをすれば、 一球一球自分の回転をチェックしながら 投げることができ、 高いレベルの精度の回転を身に付けることができます。

※ 硬球や軟式C号球とほぼ同じ大きさ、重さのため、普通の感覚でキャッチボールをすることができます。その形状も回転を覚えやすいようにボールの幅なども研究されています。

投手に有効なのはもちろん、捕手のセカンドスローの練習の前に、 スピナーで回転を確認するというチームでは、 伸びる球が投げられるようになるため、 捕手の肩への負担が減り、スローイングが正確になったという報告もあります。

商品購入ページ

スピナー
自分で回転を確認でき、伸びのある球が投げられるようになる商品。
MFTスローマックス
スローイングの矯正のためのトレーニング用品。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
VDB
VDB
3球1セット 練習プログラム付
研究データを元に開発された球速アップのための練習ボール。
リリーストレーナー
リリースポイントが一定し、正しい回転のボールが投げられるようになる商品!
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.