MFTの願い
基本 > はじめに > グラブの置き方

型を保つグラブの置き方

グラブを大切に
頭の上にグラブを乗せるプロの選手達。

数年前は、よくこんな光景を見ましたよね。

これは、決してふざけているわけではなく、
「グラブの型を大切にする」という姿勢の表れです。

皆さん、ベンチでグラブはどのように置いていますか?

グラブを大切に グラブを大切に
グラブの型が崩れてしまうので、このような置き方はやめましょう。
少年野球チームには、このようにグラブを置いているチームが多いかもしれません。

上のグラブは型がつぶれてペチャンコになっています。

下のグラブはまだつぶれていませんが、このような置き方をしていれば、徐々に型はつぶれていきます。

グラブはボールをつかむために閉じやすさも必要ですが、捕球面を広くするために開きやすさも重要です。

微妙なバウンドの変化や目測を誤っても広い捕球面が助けてくれます。

また、芯がしっかりしていることで、ギリギリ追いついたような場合など、グラブの端でもしっかりつかむことができます。

時には0.1秒の処理を早くするためにグラブを開いたまま当て捕りをすることもあるし、時にはしっかりボールをつかまなければならない場面もあります。

様々な場面に備え、グラブの型を大切に守りましょう。
(グラブの型についてはネット上でも様々なページで紹介しています。)
グラブを大切に

グラブの型を大切にするために、このような置き方をおすすめします。

知っている人にとっては当たり前すぎる常識かもしれませんが、おそらく初めて知ったという方も非常に多いことでしょう。

グラブの置き方、気をつけてみてください。
スローイングセット
ひじの角度が安定し、低めに力のあるボールを投げるコツがわかる商品です。
新スローイングセット
取説で真っすぐイメージ通りに、切れの良いボールが投げられるようになるエクササイズ紹介!
身伸革命
成長期の栄養摂取で一生の身長が決まります。身伸革命はそんな小・中・高校生の成長のお手伝いをするサプリメントです。
洗剤
数々の実験で実証された洗浄力抜群なユニフォーム専用洗剤!
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.