MFTの願い

腕の軌道

腕の振りと投げる方向が一致

前のページで紹介したように、ボールを投げる方向と腕の軌道が一致すると、ボールに効率良く力を伝えることができ、コントロールも安定させやすくなります。

一方、下の写真は、腕の軌道を投げる方向に真っすぐ振ろうとしていますが、リリース時にボールを投げる方向がずれている例です。
腕の軌道とボールの方向が一致していない例
リリースの瞬間を意識することは難しいため、こういった選手は、自分の思う方向に投げるためには、腕の軌道で微調整をして、変則的な腕の使い方のくせが定着していきます。
目標に投げるために腕の軌道を変え、変則的なくせが定着する
複雑な使い方をするために、コントロールは不安定で、好不調の波も大きく、さらに力を効率良く伝えることができないために、ボールに力があまりありません。

腕の軌道をなおそうとしても、くせになってしまったリリース時の変則的な使い方まで一緒に修正することは難しく、思ったところにボールが行かなくなるため、簡単には修正できません。

フォームをなおす時は、最初はコントロールはあまり気にせず、正しい動きだけに集中するところから始める方がいいでしょう。

フィンガーエース
腕の軌道を自然に修正できる画期的商品
リリーストレーナー
リリースポイントが一定し、正しい回転のボールが投げられるようになる商品!
スローイングセット
人気商品のお得なセット
スピナー
自分で回転を確認でき、伸びのある球が投げられるようになる商品。
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.