MFTの願い
投げる > 基本の習得 > 軸足に乗る重要性

軸足に真っすぐ乗る重要性 (片足に乗る2)

前のページで片足に真っすぐ乗ることを説明しましたが、軸足にしっかり乗ることの重要性が以下の動画を見ていただければより理解していただけるのではないかと思います。
(秒300コマ撮影 1/10スロー再生)
右がアドバイスを受ける前の投げ方で、左が足を上げたときのバランスを意識したときの投げ方です。

足を上げたときのバランスを意識する前の投球フォーム
足を上げるバランスを意識したときの投球フォーム
写真で各コマを並べてみると違いはもっとわかりやすいでしょう。

これは何ヶ月も練習を重ねて上達したというわけではなく、サマーキャンプで大川氏(元ヤクルト)が足を上げたときの姿勢をアドバイスしたところ、わずか数球投げる間に大きく変化したものです。

もちろん、短時間で修正できるのはこの選手の対応能力の高さですが、それだけ足を上げたときの「バランス・姿勢」は重要なのです。

◆ サマーキャンプ
毎年夏に行うキャンプで元プロ選手に直接指導を受けることができます。

< 参考 > アドバイス前とアドバイス後のそれぞれの投球の動画
(秒300コマ撮影 1/10スロー再生)

片足に乗るのが難しい場合は…


選手の足を支える大川氏(元ヤクルト)
前のページでも、足を上げるときに「上半身はリラックスし、姿勢よく真っすぐ」と述べましたが、小学生の選手や、野球を始めたばかりの選手の場合、バランスよく立つのは難しいかもしれません。

姿勢を保とうと、上半身に力が入ってしまうかもしれません。

そのような場合は、指導者が選手の足を支えてあげたり、いすに片足を乗せてバランスをとってから投げるなど、工夫をするといいでしょう。

■ 今は禁止された投手の2段モーションは軸足に乗るための動作

今は禁止されている2段モーション
今は禁止されている2段モーション
今は禁止されていますが、足を2回上げる2段モーションの投手が日本には多数存在しました。

一見、バランスが崩れやすそうな投球フォームの投手が存在したのは、軸足にしっかり乗っていることを確認しやすかったからです。

軸足にしっかり乗せ、力強く安定して前方へ体重移動をすることで、速い球をコントロール良く投げることを可能にしていました。

投げるときだけではなく、打撃においても軸足に乗ることは重要なポイントになります。
◆ 関連ページ
軸足に乗る(打撃編) - 打撃における軸足に乗る重要性を説明
バランス - 片足にバランス良く乗る練習方法を紹介
アジリティディスク
バランス感覚を高める商品 (2個と空気入れで1セット)
スローイングセット
人気商品のお得なセット
スピナー
自分で回転を確認でき、伸びのある球が投げられるようになる商品。
VDB
VDB
3球1セット 練習プログラム付
研究データを元に開発された球速アップのための練習ボール。
洗剤
数々の実験で実証された洗浄力抜群なユニフォーム専用洗剤!
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.