MFTの願い
投げる > 投げる形を作る > 体重移動から回転へ

体重移動から回転へ

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2004年1〜2月号)
体重移動、回転
体重移動と回転を意識的に別々に行う練習を紹介します。
トップの形から体の軸を保ったまま体重移動をし、そこから回転して投げます。後ろ側の軸足は地面に着けたまま行ってください。

体重の移動中に回転が始まってしまわないよう、両肩のラインを真っすぐに保つことを特に意識してください。また、トップのときのボールを持つ手の甲が真上を向くようにしましょう。

前ページの動きに体重移動が加わっているため、より強いボールが投げられると思います。「体重移動の力」が投げるボールへうまく伝わるように意識して繰り返してください。

前ページの練習同様に、体重移動、回転軸の位置、リリースの位置、 軸足の使い方など、いろいろ変えながら、一番自然に強い球が投げられる形を探してみましょう。
【悪い例】
ここで、悪い例を元にこの練習をする際の注意点を説明します。

1. 両肩・腰の向きがラインに沿って真っすぐになっていない。
肩が入りすぎる
×投げる側の肩が後ろに入りすぎる
腰が伸び、ひざがつま先より前に出ている後傾の姿勢
×腰が伸び、ひざがつま先より前に出る
体が開く
×体が開く

2. 体を水平に移動できていない
体が浮き上がる
×体が浮き上がる
体が沈む
×体が沈む
後傾する
×後傾する
前に突っ込む
×前に突っ込む

前ページでも紹介しましたが、下の写真はスクワットからランジへの移動を表した写真です(バッティングの動きに近い形です)。

スクワット-回転-ランジ

スクワットから回転してランジの形へ「基本」の「正しい下半身の形」のページから、「回転2」にかけて、スクワット・ランジ・回転について説明をしています。

一度ご参照ください。

スクワットとランジの形がしっかりできていると、真っすぐ移動回転がスムーズにできますが、きれいにこの動きができない場合は、スクワット・ランジの形作りと回転の練習を先に行うことをお勧めします。

MFTスローマックス
スローイングの矯正のためのトレーニング用品。
スピナー
自分で回転を確認でき、伸びのある球が投げられるようになる商品。
アジリティディスク
バランス感覚を高める商品 (2個と空気入れで1セット)
洗剤
数々の実験で実証された洗浄力抜群なユニフォーム専用洗剤!
スローイングセット
人気商品のお得なセット
リリーストレーナー
リリースポイントが一定し、正しい回転のボールが投げられるようになる商品!
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.