視力!

昨日は群馬県のお世話になっている先生方と
忘年会&反省会&今後について語り合いました。

昔に比べると中学生の視力が明らかに低下しているそうです。

私の知り合いの親父は、息子が小学4年生の時に
視力がガタっと落ちたので「ゲーム」を禁止にしたそうです。

その子もすでに中学3年生!
ゲームにはまったく興味がありません。

親が本当に子供を守るという意味はこのような事かもしれません。
目先の事より将来を見据えた親の判断に
迷わずその子供は「野球」を選びました。

「買い与える事」だけが愛情ではなく
「買い与えない事」も愛情です。

「親の責任!」
重い言葉です!

コメント / トラックバック1件

  1. nomisugi より:

    子供に与えるゲームの悪影響がいろいろ言われていますが、最近その問題点を解消しようと面白いゲームも出てきましたね。自分の立っているバランスのずれを確認できるエクササイズするマシンとか、動体視力や集中力を高めるゲームなど。

コメントをどうぞ