MFTの願い
スクール > MFT野球スクール > MFTスクールの練習紹介2

MFT野球スクール練習紹介2
身体能力を高める2

MFTスクールで行っているトレーニング例です。

こうした動きが、実際の野球の技術とつながらないのではと、考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、野球の練習そのものだけでは身につけることができない、体の動きを感じたり、コントロールするための感覚を養うことができます。

子どもの身体は、身長が伸びたり、手足が長くなったり、大人になるまでの間に様々な変化をします。

小学生の時に、いわゆる野球の練習だけしかしていないと、体の変化に合わせて自分の動きを変えていく感性が養われず、技術が頭打ちになる可能性があります。

このような練習をすることで、長い目で見て、中学、高校で技術が伸びるための芽を育てることにつながります。

バランス

一見単純に見えるこの動作の中で、バランスをとるために、子どもは様々なことを身体で感じています。

「できた」、「できない」が重要ではなく、その感じることの積み重ねが、将来につながります。

守備だけではなく、投げることにも打つことにもつながる非常に奥の深い動きです。

身体能力を高める

側転のスペシャルバージョン!
「片手側転」

いろいろな身のこなしに挑戦しましょう。

遊びの延長線状に野球が存在すべきと考えています。

空中キャッチ!
空中スロー!

この動きの中にもたくさんの技術が隠れています。

複数の動きの組み合わせで身体能力を高める

「飛ぶ・跳ねる」
開脚前転からのスローイング
映像を使った個別指導や、スクールで行われている様々な身体能力を高める練習を経験できるなど、元プロ選手の指導を直接受けることができます。
佐藤 洋
元読売ジャイアンツ選手
宮城県出身/東北高校、NTT東北
ポジション:投手以外のすべてをプロで経験

レジースミスベースボールアカデミーコーチ歴任し、MFT野球スクールなどで、少年野球指導をしている。
臨時コーチ
プロ野球OB関係者、社会人野球経験者 等
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.