MFTの願い
投げる > 基本の習得 > ボールの握り方1

ボールの握り方1

常識だと思っていることで、意外にはっきり知らない人が多いのは、正しいボールの握り方です。
そこで、回転の安定したボールを投げるために注意するポイントを紹介します。

【参考ページ】佐藤洋のブログ (コメントのやりとりも参考になると思います。)

ボールの正しい握り方 ボールの正しい握り方
元プロ野球投手の握り方(左投げ)
ボールの正しい握り方 ボールの正しい握り方
右投げの場合 (上記写真を反転させたもの)
親指は中心に

1.親指は中心に

親指はボールの中心に置いてください。親指が左右にずれると、回転が不安定になります。

中心から親指がずれた悪い例

親指が中心からずれた例

手の小さい小学生に多く見られる握り方ですが、このような握り方が習慣になっている選手は修正した方がいいでしょう。
スライド回転しやすく、真っすぐボールを投げる感覚を習得しづらくなります。

親指の向き
2.親指の向き

親指は、無理に力を入れない範囲で、写真のように横向きに添えると良いでしょう。この方がスムーズに指からボールが離れていきます。 回転の良い、伸びのあるボールを投げやすくなります。

親指の腹でべったり握った悪い例

親指をべったりつけると

写真のように、親指をべったりつけようとすると、以下のような弊害があります。

ボールの握り方(悪い例)

×握りがずれ、余計な力が入る


親指の腹で握ろうとすると、写真のように、指が曲がってしまいます。
余計な力が入り、スライド回転しやすくなります。
力まず自然にボールを握りましょう。

腕から指先まで真っすぐに握ろうとすると、どうしても手に力が入ってしまいますので、無駄な力を入れずに、真っすぐ握るように心がけましょう。

● MFTのおすすめ
POCKET PADAR PR1000(スピードガン)
携帯並の大きさで、本当に精度は大丈夫なのだろうかと思う形状をしていますが、実際に使ってみるとかなり精度は高く、高性能なスピードガンと比較しても1キロずれるかどうかといった感じです。ボールに向けてボタンを押すだけなので、簡単に使うことができます。1チームに一台あると便利です。MFTお勧めの商品です。
● ソフトボール投手におすすめ
増淵まり子のピッチングメソッド完全制覇セット
増淵まり子のピッチングメソッド完全制覇セット
シドニーオリンピック銀メダリスト投手 増淵まり子が勝利のピッチングメソッドをすべて公開!
一度はピッチャーを断念しかけた彼女がオリンピック投手まで成長できたのはあるピッチングフォーム理論との出会いによるものでした。
その、彼女の運命を大きく変えたピッチングの全てを100%公開します!
スローイングセット
人気商品のお得なセット
スピナー
自分で回転を確認でき、伸びのある球が投げられるようになる商品。
VDB
VDB
3球1セット 練習プログラム付
研究データを元に開発された球速アップのための練習ボール。
洗剤
数々の実験で実証された洗浄力抜群なユニフォーム専用洗剤!
Copyright (C) 2001-2016 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.