MFTの願い
打つ > 基本動作 > 打撃向上の流れ1

バッティング動作の基本

● 自分の根本的な動きから修正する

回転の基本を身に着ける練習
回転の基本を身に着ける練習
スクワット→回転→ランジ
バットを持ち、スイングを始めると、 様々な要素が重なり合い、 その選手の根本の動きがわかりづらくなります。

修正すべき点がわかりづらくなります。

バッティングを向上させるために、バットを持つ前に、 基本的な姿勢を正し、バランスのいい回転動作を身につけることをおすすめします。

右上の動画のようにスクワットの姿勢をつくり、回転してランジの形で動きをしてみましょう。バランスよくスムーズに動けているでしょうか?

下記のページもぜひあわせてご覧ください。

◆ 関連ページ
回転 - 実戦に近い回転の練習方法

■ 単純な動きのほうが根本的な修正がしやすい

実は、一見単純に見える、
「スクワット」 → 「回転」 → 「ランジ」
の動きをするときに、 前に突っ込む選手、
軸がぶれる選手など、 バッティング同様の悪い動きが見えてきます。

単純な動きの方が修正もしやすいですので、 最初に
「スクワット」 → 「回転」 → 「ランジ」
の動き作りから始めることをお勧めします。

バッティングの調子が悪くなった時に、基本的な動きから時チェックしなおすことも、大変役に立ちます。

◆ 下記ページを参照にして、「スクワット」「ランジ」の形をしっかり作りましょう。
スクワットの正しい形1  スクワットの正しい形2   スクワットの形作り
ランジの正しい形  ランジの正しい形作り   回転

●次ページ 構え → トップ の説明

● MFTのおすすめ
DVDでよくわかる!
もっとスゴい野球体操
(ベースボールマガジン社)
須田 和人(著), 比佐 仁(監修)

体を動かす時に、何となく全体が動いてしまうと、動きの精度は高まっていきません。 動きの中で基準となる支点を作ることができると、効率よく力を発揮できるようになります。野球に必要な力を発揮するためのノウハウが詰まっています。
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
インスタントスクリーンネット
手軽に携帯ができ、1〜2分で組み立てられる大変便利なネット。超軽量約6kg!
5ポイントヒッティングティー
同時に2つのボールが打てるプロおすすめの練習道具。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2016 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.