MFTの願い
打つ > 基本動作 > バットの握り方

バットの握り方

バットの握り方写真1
バットの握り方写真2
バットの握り方写真3

バットは、手のひら全体で握ると力が入りません。

右バッターの場合、左手は、指の付け根にバットを当て(写真1,2参照)、右手は、写真3の位置にバットを当てて握ります。

試してみましょう
バットの握り方
どの位置で握れば一番力が入るか、試してみましょう。
片方の手を握り、反対の手の人差し指をバットの代わりに入れ、握った状態で抜いてみてください。
力が入る場所と入らない場所がわかります。

バットの選び方

自分にあったバットの長さを知る目安です。
● 自分に適したバットの長さ

バットのグリップエンドを胸の中心におき、手を伸ばした時に指先で先端を包み込める長さが、自分の体のサイズ(腕の長さ)に適したバットです。

バットを選ぶ際の目安にしてください。

ここに注目
体のサイズに合ったバットを選ぶことにより、正しいスイングをすれば、無理なく内角も外角もとらえることができます。正しいスイングを身につける第一歩は、正しいバットを選択することです。不適切な長さのバットにより、おかしなスイングのくせがつかないように、正しい長さのバットを選択しましょう。
バットが長い場合は?
今持っているバットが長い場合は、その分短く持つと良いでしょう。短い場合でも、ベースの近くに立つ等、工夫をすることはできますが、適切な長さのバットに買いかえることをお勧めします。
力を抜くということ
手のひら全体でバットを握ると、バットを支えるために必要以上に力が必要になり、それが力みにつながります。

力を抜けとアドバイスを受けて必要な力まで抜けてしまい、とまどった経験がありませんか?

無駄な力を抜くということは、正しい形ができて初めて可能
なのです。
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.