MFTの願い
守る > 捕球の基本 > 捕球の基本1

捕球の基本1

グラブの中の指先は自然に開きましょう。
グラブの中の指先は、
自然な感じで開きましょう。

捕球の基本について説明をします。

非常に基本的なことなのですが、それだけに見過ごされがちな部分です。初心者のうちから、悪いくせがつかないようにしっかり確認しましょう。

グラブの中の指先は力を抜いて自然な感じで、大きく開きましょう。
グラブを大きく開いて、つかむというよりグラブに当てるという感覚が必要です。

指を閉じすぎている
× 指を閉じすぎている
指先に力が入っている
× 指先に力が入っている

2枚の写真は悪い例です。

無理に大きく開こうと指先に力が入ってしまったり、指を閉じすぎてしまわないように注意しましょう。

捕球位置

自然な捕球位置
自然な捕球位置

ボールを取る位置は、写真のように、腕の力を抜いた自然な位置で捕球するよう心掛けてください。

自分にあった捕球位置の探し方
ひじの力を抜いて一番自然に(楽に)円を描くことができる位置がその人に合った捕球位置になります。

捕球位置が遠すぎても近すぎても、その後の素早い送球動作ができません。
遠すぎる悪い例
× 遠すぎる例
※フォースプレーの場合はこのように腕を伸ばして捕球をします。
遠すぎる悪い例
× 近すぎる例
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
インスタントスクリーンネット
手軽に携帯ができ、1〜2分で組み立てられる大変便利なネット。超軽量約6kg!
5ポイントヒッティングティー
同時に2つのボールが打てるプロおすすめの練習道具。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.