MFTの願い
守る > 捕球の基本 > 球際に強くなるために

球際に強くなるために

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2005年2月号)
左右に転がされたボールを捕球しトスで返す
左右に転がされたボールを捕球しトスで返す

球際に強くなるために、両足の範囲内で取れない打球の練習を紹介します。
両足の中央にグラブを置いて構えてから、上の写真のように左右にボールを転がしてもらいます。
転がす位置は両足よりやや外側です。 転がされたボールを以下の点に注意しながら捕球し、相手にトスで返しましょう。


両肩のラインを水平に保つ

1.ボールを追うときも肩・腰のラインを水平に保つ

2.上半身(おへそ)は常に捕球方向を向く

3.足先―ひざを真っすぐ使う

卵を扱うように柔らかく
4.卵を扱うように柔らかく
手のひらを捕球方向に向ける
手のひらを捕球方向に向ける
5.手のひらを捕球方向に向ける

写真のように、どのような体勢でも指先の力を抜きながら手のひらを捕球方向にしっかり向けるように意識してください。

最近は、グラブの性能が良くなっていて、必ずしも捕球方向をグラブが向いていなくても、大抵の打球は捕球できてしまいます。

そのために見過ごされがちなのですが、難しいバウンドの時や、イレギュラーした時、追いつけるかどうかのギリギリの時こそ、手のひらの向きが重要になります。

球際に強くなるためにも、手のひらの向きを普段から意識して習慣付けるようにしましょう。

肩やひじの関節が硬く、手のひらを捕球面に無理に向けようとすると指先に力が入ってしまう選手は、腕をひねる体操をするなどをして、柔軟性を高めましょう。
(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
ライトフライトマシン
変化球自在,、球質もすばらしい超格安マシン。 専用バッテリー(別売)でどこでも練習ができます。無料デモ機貸し出し中
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
インスタントスクリーンネット
手軽に携帯ができ、1〜2分で組み立てられる大変便利なネット。超軽量約6kg!
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.