MFTの願い
守る > 捕球の基本 > 左右にずれたゴロ2

左右にずれたゴロ2

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2005年1月号)
前のページで説明した左右にずれたゴロ捕球の時の、左右に体を動かす時に注意すべきポイントです。

1 肩・腰のラインを水平に

肩・腰のラインを水平に
○ 肩と腰のラインが水平
● 肩・腰のラインを水平に

肩のラインと腰のラインが水平になるようにしましょう。

体がねじれて肩・腰のラインが水平ではなくなっています
× 体がねじれて水平ではない

× 体がねじれて肩・腰のラインが水平ではなくなっています。

2 ひざを真っすぐ使う

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2005年4月号)
ひざを真っすぐ使う

「ひざの形をチェック」のページで説明したように、左右に体を寄せるときにも、ひざを曲げる方向に注意しましょう。

足先―ひざのラインが一直線になるような方向にひざを曲げましょう。

重心が拇指球にかかっている
重心が拇指球にかかっている良い例
重心が足の外側にかかっている悪い例
重心が足の外側にかかっている悪い例

3 常に体の真ん中で捕球する

おへそを捕球方向に向ける
捕球位置が左右にずれた場合でも、捕球方向におへそを向けて、必ず上半身の中心で球をとるように心がけましょう。

体を向けずに、腕だけで捕りにいくと、球をじっくり見ることができず、エラーする確率が高くなります。

大切に球を処理するという気持ちが、このような体の使い方につながります。
(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
インスタントスクリーンネット
手軽に携帯ができ、1〜2分で組み立てられる大変便利なネット。超軽量約6kg!
5ポイントヒッティングティー
同時に2つのボールが打てるプロおすすめの練習道具。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.