MFTの願い
守る > 捕球の基本 > 捕球時の体の向き

捕球時の体の向き

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2007年5月号)
体の中心で捕球
● 正面のボールは体の中心で

正面で捕球できるボールは、体の中心で捕球しましょう。

体の中心から常にずらして捕球する悪い例
写真のように、体の中心から常にずらして捕球する選手を時々見受けます。

野球を始めたばかりのときにはボールを怖がるためにこのような捕球をする子が多いのですが、そのままくせとして定着してしまわないように注意してください。

左右にそれたボールを捕球する場合

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2004年11月号)
● おへそを捕球方向へ向ける
おへそを捕球方向へ向ける

左右にそれたボールを捕る場合、写真のように体を捕球する方向に向け、捕球時には常におへそがグラブの方向を向いているようにしましょう。

× 捕球方向に身体を向けていない
× 捕球方向に身体を向けていない
このように体を捕球方向に動かさずに、手だけで捕球をすると、ボールを最後までじっくり見ることが難しく、捕りそこなう確率が高くなります。

ボールを大切に捕球しようという気持ち
が自然に体を捕球方向に向かせます。

ていねいに捕球するという意識を常に持つようにしましょう。
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
インスタントスクリーンネット
手軽に携帯ができ、1〜2分で組み立てられる大変便利なネット。超軽量約6kg!
5ポイントヒッティングティー
同時に2つのボールが打てるプロおすすめの練習道具。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.