MFTの願い
守る > 捕手 > ワンバウンドの止め方

ワンバウンドの止め方

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2005年7月号)
● 両ひざを落とし、背中を丸める

ワンバウンドのボールを、後ろにそらしたり、横に大きくはじいたりしてしまうとランナーに簡単に進塁を許してしまうことになります。

捕球できなくても、手前にボールを落とすことが出来れば、ランナーの進塁を防ぐことが出来ます。

ワンバウンドのボールが来たら、両ひざを素早く落とし、両ひざの間にすきまが出来ないようにミットを置き、背中を丸めて手前にボールを落とす
写真のように、ワンバウンドのボールが来たら、両ひざを素早く落とし、両ひざの間にすきまが出来ないようにミットを置き、背中を丸めて手前にボールを落とすようにしましょう。

右手は、ミットの後ろに添えるようにします。
● 悪い例

この形作りをする時に、注意する点を悪い例の写真とともに載せますので、参考にしてください。

× ひざをついていない
× ひざをついていない
× あごが上がっている
× あごが上がっている
× 背中が丸まっていない
× 背中が丸まっていない
× 背中が丸まっていない

この写真の形は、一見すると良い形のように見えるかもしれませんが、背中を真っすぐにしていると、ボールを大きく前にはじいてしまう可能性があります。
ボールの勢いを吸収する感じで背中を丸めて柔らかく使うよう意識してください。

左右のボールは肩を入れる

中央にボールが落ちるように、若干肩を入れる
左右にややそれたボールを止める時は、中央にボールが落ちるように、若干肩を入れます。

こうすることで、横にボールがそれることを防ぐことが出来ます。
(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
フットベッド
疲労を軽減、効率よく力を伝える、人間工学を研究し尽くしたアスリートのための逸品。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.