MFTの願い
守る > 捕球の基本 > 左右にずれたゴロ1

左右にずれたゴロ1

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2005年1月号)
左右にずれたゴロの練習
左右にずれたゴロの練習
捕球する位置は、両足の中心か、もしくはやや左が基本ですが、いつでも基本の位置で捕球できるわけではありません。

ギリギリで打球に追いついた時や、バウンドが変わった時など、状況に応じて様々な位置で捕球する必要が生じます。

そういった状況を想定して、両足の中央で構えてから、左右に球を転がしてもらい、柔らかく捕球する練習や、ボールをはじく練習をしてみましょう。

股関節を柔軟に動かす

股関節を柔軟に動かす
股関節を柔軟に動かす
写真のように股関節を柔軟に使い、両足の左右で球を捕球する形を作ってください。

この練習をする際の3つのチェックポイントを次のページで説明します。
(5個以上購入時、特価)
練習方法の紹介
リリーストレーナー
リリースポイントが一定し、正しい回転のボールが投げられるようになる商品!
モンスタースラッガー
変化球に手が出ない速球に振り遅れる、そんな選手におすすめのスムーズな振り出しが身に付く新製品です。
スローイングセット
人気商品のお得なセット
Copyright (C) 2001-2017 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.