MFTの願い
基本 > 下半身の使い方 > ランジの正しい形

ランジの正しい形

本文は、ベースボールクリニックに掲載した内容です。(2002年3月号)
正しいランジの形
正しいランジの形

前回までに取り上げてきた「スクワットの形」は、守備や、走塁、バッティングの構えに共通する基本の形です。

それに対して、今回は、スイングやスローイングに共通するもうひとつの基本形として「ランジの形」をとりあげます。

スタンスの広さの違いはありますが、ランジはスイングやスローイングに共通する非常に大切な形です。

バッティングのフィニッシュ
スイングのフィニッシュ
スローイング時のランジ スローイングの形
正しい下半身の形ができていれば、人が乗ってもぐらつきません。

ランジの悪い形

正しいランジの形をしっかり理解するために、以下に悪い例の写真を並べてみますので、参考にしてください。
腰が後ろに引けて、落ちてしまっている悪い例
腰が後ろに引けて、落ちてしまっている悪い例
後ろ足のかかとが上がっていない悪い例
後ろ足のかかとが上がっていない悪い例。(この形で前から押されると踏ん張ることができません。)
膝がつま先より前に出ている悪い例
膝がつま先より前に出ている悪い例
洗剤
数々の実験で実証された洗浄力抜群なユニフォーム専用洗剤!
スモールボール
スローイングセット
人気商品のお得なセット
L.F.ソイビーン
大豆100%の原料を、脱脂加工で脂質1%に!選手の体作り・ご両親の健康維持にご活用ください。
Copyright (C) 2001-2014 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.