MFTの願い
 MFT内サイト検索

2015年3月のきっかけ塾 「心を育てる仕組み」  

「子どもの自主性を!」と言ってもまだ未熟な「自我」では 判断がキチンと出来ないこともあります。

かといって「こういう時はこうしなさい!」と言うのは、 判断基準の一つ(超自我)を育てるには有効ですが、 それが強烈すぎては子どもの「自我」を萎縮させてしまい、 自主的に自分で考える力を削ぐこともあります。

また、「野球は楽しいなあ」「気持ち良いなあ」と 思える本能の部分(イド)にはエネルギーがたくさん詰まっているのですが、 厳しくこれを抑え込んでしまうと、 土壇場での精神力が弱くなることにもなりかねません。

このように、心理学用語である「自我」「超自我」「イド」という 三つの部分が心の中にはあって、それがどんな風に発達しているか?

スポーツ指導だけではなく、子育てや職場でも役立つ心理学を学びます。

講師   武野 顕吾 氏 (Kengo Takeno)

プロスポーツセラピスト(臨床心理士)
スポーツ選手などの「メンタル面の能力向上」を目指すため、
臨床心理学の手法を用いたサポートを行っている。
野球をはじめ、サッカー、ゴルフ、陸上、その他の競技や、
会社経営者なども含む様々な分野で
「何かを極めようとする人々」を対象とし、
一対一の個人面接、集団に対するワークショップの実施、など
多角的なアプローチをしている。
現在もソフトバンクホークス・内川聖一選手と個人契約を結んでいる。

テーマ 「心を育てる仕組み」
日時 2015年3月14日(土)
18:30~20:30
対象
参加費
大人(野球以外の指導者・保護者も可)
4,000円
会場 行田市総合体育館グリーンアリーナ 研修室 2F
〒361-0061埼玉県行田市和田1242
・秩父鉄道行田市駅から徒歩15分 ・JR行田駅から車で約12分
申込み jbbl@mft.jp 宛てに氏名・TEL・メールアドレスをご連絡ください。
備考 ※ビデオ撮影はご遠慮ください
※筆記用具、室内履きを持参してください
Copyright (C) 2001-2022 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.